遊びマンガ3
中学から高校初めの頃の習作マンガの一部です。シナリオも脚色も考えなしに、ただSFメカが描きたくて描いたもので、唐突に始まり、完成なんてしていません。最初からペン画は苦手で全てボールペン画です。
MENU
ごく初期のマンガ(中学2年頃)の中の残っていた2頁です。ボールペン画で、メカを描くことが目的で人物描写などは付け足しのようなものでした。
MENU

これは上の2頁の後の中学3年頃のもので、人物画やらが苦手でオリジナリティーを出そうとしたものですが、あくまで習作的なもので、この前も後もありません。
高1の終りの春休みに描いたものです。結局ペン画は苦手で、ボールペンで描いたものに水性サインペンで影を付けたものです。それもこの1頁でだけで終っています。ペン(Gペンとか丸ペンとか)使いとかスクリーントーンが面倒で嫌で、結局、漫画家になりたかった夢は早々に捨てました。
上の頁と近い頃の高校初めのものですが、この1頁だけの習作です。やはり人物やら、まだまだで、ストーリー性など全くありません。