色々な活動
Tompei's Robot related Activities

’97、’99、’03と母校の、学生に面白い「大道芸ロボット」を創作させる「機械創造」講座の講師を依頼され引き受けた。自分としてもとても面白い経験であった。写真は’99年度のもの。初めのうちは「ど〜すんの〜?」みたいに困惑気味であまりやる気もない学生達が回を追う毎に気合が入って、中々のものを創る過程は見ていて嬉しい。上左はハンドベル、キーボードの自動演奏、上中はフラダンス、最右は「流鏑馬(やぶさめ)」ロボット。いずれもお手製のメカをパソコンとモータードライバで駆動制御する。自分が学生の頃にこのような実習授業があったら、ものすごく燃えてやったであろうと、うらやましい限りである。
6脚歩行ロボット LAND MASTER 3 を出張デモしているところ。4年にわたって出張参加した。大きくダイナミックに階段を昇降するので注目度は高かった。
米国視察の際に訪れたM.I.TのProf. Marc Reibert(当時)の研究室にて。最左がMarc Reibert。以前にテレビで彼の主導する各種動歩行ジャンピングロボットの研究が紹介されていたが実物を見せてもらえた。後の名機Big Dogの開発者。
スタンフォード大のProf. Bernerd Rothらと。全方位移動型ロボットにマニピュレータを載せ、協調作業制御の研究を行っていた。プアなTompeiの英語を熱心に聞いてくれ、ゆっくり語りかけてくれた優しいジェントルマン。その後、来日の際、こちらのロボットを見て頂いた。
MENU
MENU
Stanford大構内
M.I.T.構内