HOME
MENU
金環日食/金星太陽面通過(2012)
2012年(平成24年)の初夏はとても解りやすくビッグな天体ショーが続きました。東京圏では先ず、5月21日(月)の朝7:34頃をピークにきれいな金環日食が観察されました。薄雲がかかる今一つな天候でしたが、何とか観察できました。
次いで同年6月6日(水)に太陽をバックに横切る形でホクロのような金星の影が観察されました。
ともに撮影器材が貧弱でしたが、何とか撮影に成功したので掲載します。
2012年5月21日、午前7:42、食がほぼピークに達した際の太陽と月。生憎、写真のように薄雲がかかり、ピークのショットは逃したが、何とか撮影できた。一眼レフ機にND8フィルタを3枚重ねての撮影(1/512の減光)。
上の写真から約3分後の7:45の撮影。
さらに約3分後の7:48の撮影。
さらに進んだ8:00の太陽と月。薄雲があるのが恨めしいが何とか続けての撮影ができてよかった。
2012年6月6日、12:38。太陽をバックに影を落とす金星が太陽面内右側にホクロのように写っている。ダメもとで、安く売られていた「観察用日食眼鏡」をSONYのコンパクトデジタルカメラHX-30Vの前面に置いて、撮影してみたら何とか撮れた。
上の写真のアップ。12:38分というのは平日の昼休み中であって、上記のような器材でこのタイミングで、非常にラッキーであった。
HOME


MENU