広島原爆ドームと長崎平和公園
知れたこととして昭和20年(1945)8月6日に広島市内に、そして8月9日に長崎に、原爆が投下され悲惨な被害をもたらした。日本が早く降伏していれば、等の議論は絶えない(確かに、早期の降伏により、何かが、よい方向に変わっていたかもしれないが)。しかし、通常爆弾による東京他の大規模空襲を含め、一般市民の密集地に殺傷兵器を大量投下し、個々に、十万人レベルをも死傷させたことは、ひどく間違った手段であり、許されざることと思う。幼少の頃に資料館等を見学して(戦中を生きた祖父母に連れられて)、その恐ろしさゆえ、「原爆(核兵器)はぜったいにいけない」と、言葉などなくても、明確に思った。しかし、その罪状は風化され、長崎の原爆資料館は、今は、恐ろしさ、悲惨さを訴えられない緩いものに「加害国の圧力」によってか、変容してしまっている。言葉だけで本質は伝わらない。決して興味本位ではなく、幼少の頃に見た資料館を戻し、今後も真の恐さを伝承させなくてはいけないと思うのは自分だけであろうか?

MENU
MENU
大正4年(1915)に竣工した広島県物産陳列館(被爆当時は広島県産業奨励館と呼ばれていた)のこと。イタズラ等防止のため、警報装置付きの柵で囲われていて近づけない。本館より東約150m、上空約600mで爆発は起きた。
爆心近くでも辛うじてここまで残ったのは、角度的にほぼ直上からの爆風(衝撃波)で、窓が多く高圧爆風を逃がしたこと等によるとされる。ただ、被爆直後は上4葉のうち下2葉の建物下部のような黒ずみで全体が覆われていたと聞いた。原爆はウラン235型でTNT火薬相当で15kton(1.5万トン)。 強度調査が行われた結果、内部には鉄骨等による補強が施されている。アメリカ等の強い反対があったが(長崎の旧浦上天主堂は、そんな圧力により、完全撤去されてしまった)、1996年に世界遺産に登録された。
原爆ドーム(広島県産業奨励館)わきを流れる元安川。被爆直後、多くの被爆者たちが水を求めて辿り着いて亡くなったので毎年8月6日には燈籠流しが行われている。
撮影を行っていたら、被害直後、現場に寄った少年であったご老人がその時の惨状を話してくれた。
まだ、周辺に被爆者は多いようであるが、ここ(原爆ドーム)はあまり見たくはないものだ、と話してくれた。
広島 原爆ドームと平和記念公園
長崎 平和公園周辺

原爆はこの像のある平和公園の南端上空で爆発した。プルトニウムタイプでTNT火薬相当で約22ktonと広島型の約1.5倍の威力があった。尚、長崎の中心地は爆心地から3kmと離れているため、比較的には被害は少なかった。しかし、爆心地である浦上地区は壊滅してしまった。この平和祈念像は昭和30年(1955)に長崎市により建立された。
被災した旧・浦上天主堂は、ある意図によって取り壊されて今はない(キリスト教会である天主堂の被災遺構は、欧米に対しても、広島原爆ドームよりはるかに強い反核・反戦のアピール性があった。それゆえ「圧力」も強かったとされる)。そのため、長崎には、原爆ドームのような直接的遺構が少ない。冒頭に書いたように長崎原爆資料館も残念ながら、いつからか内容が「きれいに」一変してしまった。(2007/7)

長崎市によって昭和44年(1969)に完成された平和の泉。
平和祈念像の横にある折鶴の塔
平和公園の平和祈念像周辺に諸外国から寄贈された平和祈願の像。ありがたいことではあるが、見た限り旧ソ連、旧東ドイツ、チェコスロバキア(共産圏当時)、中国など、政変してしまったりの旧共産主義国(ほぼ旧反米)だけである。
惨状を訴えるものが殆ど無くなった長崎原爆資料館の原爆模型。「ただの大きな爆弾」とみなされてもおかしくない展示(館内は許可制で撮影可)。
ドーム前に置かれていたパネルより
早朝の広島平和記念公園。手前は原爆死没者慰霊碑(1952年8月6日建立、丹下健三氏設計)。中央の参拝者の奥には「平和の灯(ともしび)」が燃えている。1964年(昭和39年)8月1日以来ずっと燃え続けているという。そしてその奥に原爆ドームがそびえている。象徴的な光景である。
手前は「嵐の中の母子像」。奥は右が広島平和記念資料館本館、左は広島国際会議場。
原爆死没者慰霊。「安らかに眠ってください 過ちは繰返しませぬから」と刻まれている。
しかし、繰り返させない、と叫ぶべき相手は我々だけではなく、他にもいる訳で、この言葉は、自分の勝手な思いながらも、とても無念に思えた。
(2009/7)