MENU
MENU
冬季オリンピックが2回も開催されたインスブルックは、5月でも、ケーブルカー等で登ると雪山です。こじんまりしたいい街でした。
インスブルック
インスブルック中央駅の構内。インスブルックには2回行きました。同じ
列車、機関車ではあっても、日本とはずいぶんつくりが異なっています。
インスブルックの中心的なマリア・テレジア通り。市電が通り、オーストリア国旗の赤と白の色の長い旗が所々で下げられています。中央右の塔はインスブルックのシンボル的な存在でもあるアンナ記念柱です。
ノルトケッテのハーフェレカールの展望台(2,334m)へ登る途中のケーブルカー。この後さらに2本のケーブルカーを乗り継ぎます。
旧市庁舎の頂部に登って、西を眺めたところです。こじんまりとした穏やかな雰囲気が伝わってきます。
マリア・テレジア通りの南端にある凱旋門。門から見える向こうがマリア・テレジア通りです。マリア・テレジアの第2皇子の婚儀の祝いと、同じく逝去したマリア・テレジアの夫のロートリンゲン公の追悼として建てられ、それぞれに対する思いを表面、裏面に刻んでいます。
市街を走る市電。自動車が少ないので、快適に移動できます。
欧州ではよくみかけるトロリーバス。
写真中央右上のハーフェレカール山頂へ、というところです。写真のようで、かなり寒かったです。
シンプルな外見デザインですが、強力そうな電気機関車。
聖ヤコブ大聖堂の正面(左写真)とその中。
ケーブルカーで登っての、次の2本のロープウェーへの乗り継ぎ地フンガーブルクのプレート。スキールートなどが示され、インスブルックを意識します。
乗り継いだロープウェーの頂上駅
ハーフェレカール山頂、標高2,334m。十字架が立つ。5月初めですが雪の中でした。写真やや右下に登り始めたロープウェー駅が見えます。