MENU
MENU
1248年以降、600年以上もかけて完成した屈指の高さの大聖堂。エレベーターは無く、509段と言われる階段を登りました。
ケルン大聖堂
007「ロシアより愛をこめて」で欧州の夜行寝台の旅がしてみたかったので、ケルンへはベルリンから夜行寝台で行きました。朝着ですが、早々に眠ってしまい、到着直前に目覚めたので、「夜行寝台」自体はあまり満喫できませんでしたが。
駅を出ようとすると、眼前には大聖堂が迫っていました。驚きでした。
内部階段です。あまり外は見えなかったように思いますが、非常に狭く、509段を登り切るのは疲れます。ただ、登り切ってからの光景を観れば、疲れも吹き飛びます。
他の古い石の建物同様、すすけていますが、第2次世界大戦の爆撃ではかなり破壊されたものがしっかりと復元されています。欧州の文化物にかける力は大したものです。
正面から見上げたところです。尖塔の高さは157mで、教会の塔としてはウルムの大聖堂(161.5m)に僅かに及ばないですが、石作りでこのような高層建築ができたことは、当時としては極めて高度な技術を以ってのことと思います。尚、1996年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。
大聖堂の行ける最高部からの眺め。ケルン東南方向市街部とライン河です。
正面出入門の周りの聖人石像。どの一体を見ても素晴らしく精緻にできています。このような像が他にもたくさんあってただただ感心させられます。
誰のものかは分かりませんが、聖人の墓碑です。
ツインタワーとなった尖塔の先端は高さ157mということです。
ゴシック様式の建物としては世界最大ですが、内部は様式を踏襲しつつ比較的シンプルに見えます。
ステンドグラスの1つ。写真では大きさがつかめませんが非常に大きいです。
ケルン中央駅構内。早朝に到着。
駅を出ると、周辺はペデストリアンデッキやらがあって妙に近代的でした。