ガンダム大地に立つ!(実大/実寸大ガンダム周辺雑景)
「機動戦士ガンダム」が1979年(昭和54年)4月、名古屋テレビで初オンエアされてから30年を経た記念に、東京お台場の都立潮風公園に実大スケールのガンダムの実大像が建てられました。忠実に再現された、設定の高さ実寸18mの迫力あるもので、歩行はもちろん、大きな動きはしませんが、推進バーニヤが僅かに動いたり、視察アイやバーニヤが発光したり、推進ジェットを模した水蒸気が出たりといった細工もされています。正直、中々良くできていました。今回は撮影していませんが、夜間はライトアップされて、きれいだそうです。以上の実大ガンダムと近くの自由の女神像などを掲載しました。(2009/8)
HOME
新交通「ゆりかもめ」から目撃した「大地に立つ」潮風公園のRX−78−2「ガンダム」。中々の迫力である。
潮風公園の岸壁方向から眺めたガンダム。左は船の科学館の展望艦橋頂部。
ついに見上げたガンダム。下にいる人々と比べて大きさが分る。ガンダムの設定上の高さは18mであるから「実大」ゆえこれも高さ18mであろう。
視察アイが光っている。上体など、可能な限りよくできている。アニメで観ている以上に「コア・ファイター」もきちんと離脱しそうだし、上写真の脚部の曲線や、パネルの合わせ線等もリアルである。手指もよくできている。右下写真では、左腕カバー(写真では右側)に2016年東京オリンピックの宣伝がプリントされているのはご愛嬌である。
背部の推進バーニヤ。これも良くできている。設定では本体質量43.4t、全備質量60.0tそしてバーニヤの推力は55.5tという。宇宙空間等で主用されるのであるからいいのであろう。このバーニアは内部が青く発光し、若干俯仰動作して見せてくれた。
HOME

背部。右では、関節部から水蒸気(ミスト)が噴出され、稼働準備状態、発進状態に入ったことを再現していた。
「稼働状態」の背部バーニア周辺。中々の迫力である。
忠実に再現された脚部
実際の戦闘機のようにCAUTIONコメントもプリントされた脚接地部。
実際の見学の行列。正面からガンダムの下、足部周辺に順番で周れる。現場自体は結構現実的である。
奥のホテルグランパシフィックを背景にしっかり立つガンダム。ザク、それもシャアの赤ザクの方がいい、と思いもしたが、これだけ良く造られているとかなりの感激モノである。尚、設置期間は2009年8月31迄で他の場所に移され「地方巡業」などされるとのことである。
レインボーブリッジ
お台場の名物、フジテレビの本社ビル。右下にゆりかもめが走っている。
これもお台場の名物の自由の女神像。1998年から1年間の「日本におけるフランス年」を記念し、ここに移築され、戻った後、2000年末にフランスで造られたこの完全複製版が公式に設置された。左奥はレインボーブリッジ。
レインボーブリッジの芝浦側のループをゆりかもめから眺めたところ。右奥がお台場地区である。
実大鉄人28号
実大鉄人28号
MENU
MENU