実 大 鉄 人 28 号
神戸市新長田に建てられた実大スケールの鉄人28号。横山光輝氏原作で1956年からコミックで連載され、1963からアニメが放映された(1960年には実写ドラマが放映された)。設定は太平洋戦時中、「鉄人計画」の主任開発者であった金田博士が戦後、完成させ、少年探偵の息子の金田正太郎が操縦する。操縦器(「リモコン」)の指示のままに動くので、操縦器を操る者により正義にも悪にもなる。(2010/10)

MENU
HOME
実大ガンダム
実大ガンダム
HOME
MENU
神戸市新長田駅(JR、地下鉄)を降りて、新長田1番街商店街を進むと鉄人は現れる。新長田は1995年1月の阪神・淡路大震災で壊滅状態に陥ったが、写真のように立派に復活した。右は地域活性プロジェクト「KOBE鉄人PROJECT」の案内。鉄人28号の作者である横山光輝氏が神戸出身であることから始まった。
新長田1番街商店街を進み、若松公園に現れた鉄人28号。鋼製で高さは約15.6m、総重量は約50ton。2009年9月に完成した。
最も「鉄人28号」を感じさせる頭部側面。鼻部の尖った突起、口部周辺のシールド、頭部頂部から後頭部にかけての突起が「二次戦中開発の秘密兵器」感を上手く出している。
ガンダムとは時代が大きく違うため、鉄人28号は丸みを帯びたデフォルメされたデザインであるが、実大スケールで迫力がある。
実大ガンダムでのようなギミックはなく、目が光ったり、推進機が動いたりはしない。
阪神・淡路大震災のとき、最も被害が大きいと報じられていた新長田であるが、15年後、商店街はきれいに並び、周りには高層マンションが多く建っていた。半世紀近く前の「鉄人」28号は見事に復興した街のシンボルとなっていた。