韓国
        South Korea

K−1A1
1996年から主砲を44口径120mm
滑腔砲に換装し、複合装甲の防御力を強化した全備重量約54.5t。2001年より装備が始まっている。
K200装甲兵員輸送車(KIFV)
アメリカの現ユナイテッド・ディフェンス社が自主開発したAIFVをベースにした歩兵戦闘車である。最初の生産型は1985年から生産された。1998年までに、バリエーション車両を含めて2,000両が作られ、現在も生産が続けられており、1993〜95年に、マレーシア陸軍に111両が輸出された。車体はアルミ合金製で、前面下部と側面全体に、スペースド・ラミネート式の増加装甲がボルト止めされている。その増加装甲の内部にはポリウレタンが充填されていて浮航時の浮力増大に寄与している。乗員3名+兵員9名。主武装は12.7mm機銃で歩兵戦闘車とは言い難いが20mm6連バルカン砲を備えた対空自走砲などもある。全備重量12.9t 、路上最高速度74km/h。
飛虎 自走対空機関砲
装備開始は1999年から。砲塔の両側面にエリコン30mm機関砲が計2門装備されている。発射速度は600発/分(1門当り)。索敵レーダーのレンジは約17km、照準追尾用の画像、サーマル画像、レーザー距離計の情報を重ね、融合する追随装置のレンジは約7kmとされる。追尾装置が非電波なので耐ECCM性が高い。乗員4名、全備重量25t 。アルミ車体、路上最高速度約60km/h。
HOME
MENU
HOME
MENU
K−1(88式戦車)
独力開発に経験不足であった韓国が1980年からアメリカのM1を開発したクライスラーディフェンス社(当時)と共同開発した。105mm51口径砲を備え、車体前面には複合装甲、スペースドアーマーを多用し、砲塔も前面、側面が同様である。懸架は油気圧とトーションバーによるハイブリッド方式で前後姿勢制御ができる。1985年に最初の生産型が完成したが1988年に「88式」戦車と命名された。1998年までに約1000両が装備されている。全備重量51t、水冷1,200PSディーゼルで路上最高速度約65km/h。M1をデザインしたクライスラーディフェンス社との共同開発のためか、外観がM1に似ている。
K−2(Black Panther)
韓国がK−1戦車(米クライスラーデフェンス社(当時)と共同開発)に続いて、初めて独力で開発した戦車。全備重量は約55t、全幅約3.1m。発射速度約15発/分の自動装填装置を備えた国産の120mm滑腔砲を装備する。従って、乗員は日本の90式戦車と同じく3名であり、姿勢制御できる油気圧懸架を備える点も同様である。路上最高速度は約70km/h、路外では48km/h程度で走行できるとされる。主機関停止時のシステム運用のため、約1,00PSのガスタービンAPUを備える。モジュール複合装甲、爆発反応装甲を備えている。680両予定のフル生産は2011年からとされている。
K21歩兵戦闘車   国産開発で2008年から装備化の予定。全長6.9m×全幅3.4m×全高2.6m、全備重量は約25t。アルミ溶接構造で、前面は30mm徹甲弾に、側面は14.5mm徹甲弾に耐えるとされる。機関出力750馬力で路上最高速度約76km/h。車両乗員3名で、兵員は9名が搭乗できる。国産のXK40対地上・対空70口径40mm機関砲、そして先進的な紫外線式敵・味方航空機識別装置を備える。両側部スカート裏にエアバッグを備え、前部では凌波板が上がり、最高7.8km/hで浮航走行できる。