沖縄(Okinawa)

春の沖縄です
MENU
HOME
首里城。水堀というより人工湖の「龍潭」(りゅうたん)湖畔より眺めたところ
首里城・守礼門(しゅれいもん)。創建は16世紀頃だが、1945年に戦災で消失。1958年に復元された。二千円札にも描かれているシンボル的な存在。
右は城郭への最初の門である「歓会門」(かんかいもん)。左には沖縄の城郭に特徴的な、きれいな曲線構造の東側城壁が見える。
瑞泉門(ずいせんもん)
首里城・正殿。ここも1945年の沖縄戦で焼失しているが、内外ともきれいに再現されている。
首里城・正殿2階の大庫理(うふぐい)の、国王が鎮座した御差床(うさすか)。
ひめゆりの塔。1945年の沖縄戦で看護要員として亡くなった学徒隊など200名あまりを弔っている。塔(石碑)の手前には多くの犠牲者を出した壕が口を開けている。
平和記念資料館も併設されていて深く考えさせられる。
美ら海水族館の全長8mにもおよぶジンベエザメやマンタ、エイなど。世界最大級の水族館で、平成20年度には入館者は310万人に達した。大きな圧力がかかる水槽アクリルパネルの厚さは60cmに達する。
美ら海水族館の建物。写真右は美しい海岸になる
美ら海水族館前の海岸
仲泊近くの海岸(サンマリーナビーチ)
オーシャンブルーの海を満喫しながら走ることができる、全長1960mにおよぶ古宇利大橋
古宇利島の古宇利オーシャンタワー。上掲の古宇利大橋などが眺められる展望台がある。
万座毛(まんざもう)にて。象の鼻に似た海面から約30mの高さの奇岩。
万座毛にて
海を眺めながら爽快に走れる全長5kmにおよぶ「海中道路」
丘の麓から見上げた勝連城跡。世界遺産に登録されている
勝連城跡。15世紀に阿麻和利(あまわり)を城主として栄えた。居館跡はないが、その曲面が穏やかで美しい。
勝連城跡城壁(上、下とも)。丘の頂上に位置し、海を眺める眺望が素晴らしい。
中城城跡(なかぐすくじょう跡)。上掲の勝連城の脅威から首里城を守護するために存在したという。角が曲面で纏められた城壁が美しい。
中城城の城郭(二の廓)内
中城城郭内。
曲面が多い壁など、
本土の城とは違った
雰囲気が漂う。
この城跡も、
世界遺産に
登録されている。
ミリオタ垂涎の撮影スポットである「道の駅かでな」
道の駅かでなから眺めた米軍嘉手納基地滑走路と航空機
離陸するE-3早期警戒管制機
着陸したF-15戦闘機
残波岬(ざんばみさき)。珊瑚礁の断崖が約2kmにわてって続く(灯台上から眺めたところ)。右は高さ約30mの灯台
アメリカ西海岸をイメージしたという美浜アメリカンビレッジにて
斎場御嶽(せーふぁうたき)。琉球の創世神アマミキヨにまつわる沖縄最高の聖地。写真の場所ほか一般者も立ち寄ることができる。
国際通り。那覇の中心を、約1.6km連なるショッピングストリート。お土産店や、お菓子店、市場などがたくさん並ぶ。
那覇空港の飛行機。美ら海水族館にもいるジンベエザメを機体いっぱいに描いている。
HOME
MENU

(2016年3月)