超ド迫力バトルシミュレーター
Impressive Tank Battle Simulator

アイデアコンテストに出展したエアガンを発射できる2台のラジコン戦車で対戦するゲームシステム。戦車には無線テレビカメラが搭載され、操縦者は舞台全体や移動する自らの戦車を見ることなくそのカメラ画像のみを見て戦車に乗っている視界感覚で操縦を行う。建物を模したダンボールの「街路」をその視覚でよけながら相手を探して対戦する。そのようにして下右の写真で左の操縦者は手前のテレビ画像のみを見て戦車を操縦しなければならない。被弾すると戦車内の音センサとフィルタで信号が左写真中央のカウンタ回路に送られモニタに表示される。搭載カメラだけを見つつ操縦すると迫力があり、操縦酔いするお客が結構いた。中央やや左下に戦車がいる。優勝は逃したが入賞した。
中央やや下に戦車がいる。操縦は中央やや右上の人(71と書かれた紙札の左)が右写真のようにテレビモニタを見ながら行っている。もう1台は充電中で「B」の札のところに待機。
左の操縦者はテレビモニタを見ながら右の街路模擬エリアの中の戦車を操縦する。箱には標識なども描いてあり、それらが結構迫力を持って迫ってくるのが楽しい。
MENU
MENU