ロボットゲームとビーム砲戦車
Robot Game & Beam Cannon Tank for the Game

東工大ロボット技術研究会の部員皆で作った別掲の昆虫型ロボットSR−2に光センサを付け、それをお客さんが操縦するビーム砲戦車(フラッシュを発光できるラジコン戦車)で攻撃し、命中すると各SR−2は様々な芸をしてからダウンし、お客さんはどんどんやっつけて行くというゲーム。学祭で毎年やって結構受けた。Tompeiはこのビーム砲戦車を作った。画面左は「戦果」を表示する画面。後に戦車に無線カメラを付けてより楽しめるようになった。今に至るも毎年行われており東工大ロボット技術研究会の恒例行事となっている。
Tompeiが作ったSR−2ゲーム用ビーム砲戦車。アクリル板ボディーでラジコンで軽快に走り回る。外周のアルミアングルはSR−2や壁にぶつけると検知してペナルティを与えるタッチセンサ。ビーム(フラッシュ)の充電状態、タッチセンサの衝突検知は無線で画面表示され操縦するお客さんに知らされる。後上の赤と緑の球形のものはフラッシュの充電状態モニタ。
ビーム砲戦車フロントビュー。
かなり凝って作った。中央部の出っ張りのところからフラッシュが発光される。車体両側面のアルミの角棒はプリ照準のための赤色発光ビーム。これでSR−2に照射し照準が合った時にフラッシュをONすると命中する。
ビーム砲戦車内部。ラジコン走行制御部とフラッシュ用高圧充電部他がある。また後部スピーカからは、車速に応じた迫力ある仮想のエンジン走行音やフラッシュ発光時の発射音が専用発振回路から発生される。
ラジコンビーム砲戦車システム一式。右手前がお客さんの操縦ジョイステイック。右奥はラジコン送信機と戦車からの信号を受信しモニタテレビに表示する回路が入ったゲームコントローラユニット。
左は準備中のビーム砲戦車と部員が各自カスタムメードしたSR−2。右端の耳やリボンの付いたものはTompeiの製作機。ビーム(フラッシュ)が当たるとくるくる回り停止するものや、ばねでひっくり返るものもある。ロボット技術研究会創設2年目の学祭アンケートでは最も面白い企画に選ばれた。
ビーム砲戦車裏面。周囲のガードレール様のフレームが壁やSR-2にぶつかると、そのフレームを把持しているスイッチ(黄色のものがその可動部)がONしてその信号を右写真のゲームコントローラに送り、ビーム砲戦車の「ダメージ」を計上する。
ラジコンビーム砲戦車のゲームコントローラユニット内部。写真上部の細長い基板はラジコン送信機基板。左下はビーム砲戦車から送られてくる「ダメージ」信号の受信機とその回数をカウントし、表示パソコンに送る回路一式の基板。右下のトランス他は電源関係一式。
MENU
MENU
後方から見たところ。
ビームを発射できる状態になると、後部上面の緑色の大型LEDが点滅する。ビームを発射できない間は、赤色の大型LEDが点滅する。
後面の左右のスリットグリルの内側には、上写真のスピーカーが取り付けられている。車体は全てアクリル板の接着構造で作られている。