スイス Switzerland  (1/2)


サン・モリッツ近郊のディアボレッツア展望台からの眺望。ベルニナ・アルプスが目前に拡がります。
右端近くの高峰はピッツ・ベルニナ(4049m)。右の展望台の屋根上にはアイベックス
(ヤギの一種)が描かれています。
ゴルナーグラート登山鉄道の運転席から。カジュアルな格好の女性運転手さん。
切替えポイントの、複雑に並んだ
アプト式ラックレール
レマン湖沿いのシヨン城。奥の街はモントルー(移動中のバスの車内から)
夜明けすぐの「朝焼けマッターホルン」
スイス周遊の写真記です。今迄訪れた海外の中で最高の地でした。(2017/ 7〜8)
モンブラン近くのガイアン湖からモンブランを臨んだところです。けれど、モンブランは中央上の雲の中です(フランス域ですがコース途中で訪れました)。
その2へ
MENU
HOME
サン・モリッツの街。
(ピッツ・ネイル展望台へのケーブルカーから)
ピッツ・ネイル展望台から辺りを
見守るアイベックスの像
日本ではおなじみのスパゲッティ・ミートソースはヨーロッパでも割とよく見かけます。
ピッツ・ネイル展望台レストハウスではとても美味しかったです。
サン・モリッツ駅で見かけた列車。上はパノラマカーを備える「氷河特急」。
ベリンツォーナの風景。
左は市庁舎。右は市街中心に
そびえるグランデ城。
下はグランデ城壁から眺めた
モンテベッロ城。
マッターホルンを仰ぐツェルマットの駅付近を走るゴルナーグラート登山鉄道の車両。
新旧いろいろな車両が走っていました。
ゴルナーグラート展望台駅。上方の雲がなければマッターホルンが仰げる絶景ポイントです。
ゴルナーグラート展望台(3089m)を臨むパノラマ。左は駅舎、右上の2つの天体観測ドームを備えた建物内は、ホテルや高級装飾店舗となっていて、その右奥に展望エリアが広がります。
上の写真の右端奥の展望エリアからの眺望。左端近くの雲がかかった高峰はモンテ・ローザ(4634m)、中央やや右の幅の広い高峰はブライトホルン。写真には見えない右奥にマッターホルンがそびえています。
上掲の展望台建物。夏はオープンエアのレストラン。
建物内上階は高級ホテルで、パワフルなゴルナーグラート登山鉄道の
おかげで、施設はとても充実しています。
天文台も立派で、晴れた夜は星の観測がよくできるはずです。
マーモットの噴水
ツェルマット駅
(中央下奥)付近。
左にいる車両は、スイスの観光地で
よくみかけた電気自動車
にぎやかで、流れる音楽も楽しいツェルマットの大通り(バーンホフ通り:Bahnhof-strasse)
    上の写真とも、ツェルマットの街中から眺めたマッターホルン(4478m)
ツェルマット近くに置かれた、
昔のゴルナーグラート登山鉄道用
らしい小さな電気機関車
ル・プレヴァン展望台からモンブラン
一帯を臨んだところ。
やはりモンブランは雲の中です。
これもル・プレヴァン展望台からのモンブラン一帯。中央やや右の雲の中にモンブランがそびえています。
HOME
MENU
その2へ
SpaMeat