HOME
MENU
東京スカイツリーは、自立式電波塔として世界一の高さ634mの超高層タワーです。2003/12に地上デジタル放送も考慮した新しい電波塔を求めて「在京6社新タワー推進プロジェクト」が発足し、埼玉や秋葉原への誘致合戦もありましたが、2006年に場所が東京都墨田区押上地区に決定されました。設計監修には安藤忠雄氏(東京大学名誉教授)もかかわりました。そして2008/7に着工されました。「634」には世界一の期待とともに「むさし(武蔵)」の語呂合わせもあります。地上350mには3層、収容人数約2,000人の第1展望台、地上450mには空中を散歩しているかのようなガラスで覆われた空中回廊やレストランも入った2層、収容人数約900人の第2展望台が設置されます。東武タワースカイツリー(株)が建設費約450億円、総事業費約650億円でプロジェクトは進められました。2011年末に竣工、2012年5月22日(火)に営業を開始しました。開業してからのスカイツリーを追いました。(撮影:2012年 6/14、2014年 3/24)
東 京 ス カ イ ツ リ ー
建造中のスカイツリー
隅田川浅草側公園からの夕方の撮影。よく晴れた空に順光できれいに写っている。
第2展望台(地上450m付近)のアップ。5月22日の開業から3週間目で、入場は予約制で制限されているが、展望台、らせん状の空中回廊とも人はまばらで空いている。
スカイツリーの基部と、周辺の商業施設建物
十間橋から眺めた夜のスカイツリー。青色系の「粋」を表したカラーリング。
スカイツリーと川面に映ったさかさのスカイツリー
第1展望台(350m付近)より頂部まで
夜の第1展望台と第2展望台。巨大なUFOのような幻想的な姿。
遂に開業を迎えた5月22日(火)(生憎、雨であった)から約3週間が過ぎたスカイツリー(撮影:DSC-HX30V)。
2012年 6月 14日
建造中のスカイツリー
HOME
MENU

2014年 3月 24日
陽がくれて、スカイツリー基部のソラマチから見上げ、紫色系の「雅」を表したLEDライティングが点灯したところ(撮影:DSC-HX30V)。
「雅」に灯るスカイツリーと北十間川の川面に映るさかさツリー。「雅」と上掲の「粋」のライティングが基本的に日々交互に行われる。ライティングは全てLEDで行われ、それにより何かのイベント日は「雅」、「粋」以外の多彩な発色でライティングされる。
紫色を基調に灯る第1展望台と第2展望台
基部から眺め上げたスカイツリー