東工大ロボット技術研究会(創設期)
Tokyo Institute of Technology Robot Technology Club ( at the inception )

今をときめく東工大ロボット技術研究会(以下「ロ技研」)はTompeiと4人のロボット好きの仲間で1981年5月に結成された。初代部長はTompeiが務めた。それまでは放課後に食堂にたむろしてロボット談義を交わしていた集団だったが、本格的にものを作ろう、ということで共同出資で4畳半を借りて開発器材、工具類を揃えたところから始まった。
左は、ロ技研創設1年目頃のメンバの共同製作による階段登坂ロボット「RGK−1」。このロボットは当時のロボットコンテストに参加させた。
創設当初から本格的にモノを作ろう、ということで部室が必須となり、アパート(「いずみ荘」といった)の4畳半を借りて開発器材、工具類を揃えたところから始まった。夜遅くゴソゴソ騒音を立てながらモノを作るので周辺住人からクレームはつくし、過激派と間違われて警官の立ち入りもあった。しかしふとんや冷蔵庫も備え、終電後は泊まっていける楽しい空間であった。右の写真の後は押入れに作りこんだ棚に入った開発用、工作用器材。個人のシンクロスコープなども見られる。
創設後2年が過ぎようとしている部室でのこたつを囲んでのミーティング。1年目に共同製作でロボット(上の「RGK−1」)を作ったが失敗した。結局皆個性が強く、その反省でやりたいものを小グループを作ってやる「研究室制」に2年目から移行した。ただ工大祭恒例の「SRゲーム」だけは全員で協力して行う慣例となった。東工大色を出したポスターや宣伝を徹底し、新人も多くなり活気が出てきた。しかし、なじんだ「いずみ荘」の4畳半はやはり住民からのクレームが多かったりして2年で追い出されることになった。あと2週間くらいで去る部室でのからさわぎ。
創設して約2ヵ月後のロ技研第1回の合宿。東工大の木崎湖研修所に泊まって共同開発ロボットのことや工大祭の出し物について討議した。木崎湖研修所は八方尾根(右写真)や青木湖に近く、色々散策できてとても楽しかった。
ロ技研合宿やそれ以外のスキーなどでもよく使った東工大木崎湖研修所前で。
同年冬のスキー合宿。麻雀にはあまり縁がないサークルだったが、ロボットのこと等を話しながらの楽しいものであった。
ロ技研最初の共同製作ロボット「RGK-1」。東工大本館前のスロープを歩くところ。アルミフレームで軽量にできている。
階段を降坂する「RGK-1」。実際は中々上手く動かずてこずった。本体制御は当時全盛のZ-80マイコンボードによる。
超音波センサで段差を測り、ドライバで3つの脚を前後スライド、上下して歩行する。デバッグは大変だった。
2年目の工大祭。右ではマニピュレータをデモ展示、人だかりの奥では右写真の「SRゲーム」をやっている。工大祭実行委員会集計ではロ技研が名誉ある人気一番だった。
観客に受けた出し物「SRゲーム」。中央やや左のラジコンビーム戦車で回りの昆虫型ロボットSR-2を退治していくもの。ただ、アマチュア作りなので稼働率が低く、苦しかった。SR-2はとんぺいの創作ロボット。
MENU
MENU
ロ技研2年目の新人勧誘パンフレットの中の記事(Tompei作文)。
ロ技研が創設年に学祭で始めて行ったSR-2ラジコンビーム砲戦車によるゲームの学祭パンフレットでの企画紹介。この年は上手く行かなかったが、翌年は大盛況であった(Tompei作文・画)。