スウェーデン
             Sweden

CV9040
1984年にCV90シリーズ車として開発が始められ、1993年に最初の生産型が引き渡された。スウェーデン陸軍では2002年までに派生派型も含め600両の発注を予定している。主武装はボフォース40mm70口径で俯仰角は-8〜+35°最大発射速度は300発/分。APFSDS-Tでは2,000mで120mmの装甲を貫徹できる。また車体前部は23mm弾に耐えるとされている。約23t で乗員3名+兵員8名。
設計に余裕があって拡張性があるためか、ノルウェー、スイス、フィンランドが採用した30mm機関砲搭載のCV9030、対空型のCV90TriAD、105mm砲を搭載したCV90105TML、120mm砲を装備したCV90120、回収車、装甲指揮車などがある(以下参照)
CV90TriAD
CV9040の対空型。俯仰角は-8〜+50°に引き上げられ、索敵レーダーと光学式自動追尾装置を備える。乗員は6名で車長、砲手、運転手以外は後部室に居て総合管制等を行う。
CV90105TML  CV9040歩兵戦闘車の戦車型で、ヘグラント・ビークル社とフランスのGIAT社がプライベート・ベンチャーとして共同開発したものである。GIAT社の装輪戦車AMX−10RCの105TML砲塔を搭載している。主砲は105mmライフル砲であり、NATO軍標準の各種弾薬が使用できる。後部兵員室が105mm砲弾の収容スペースとなっているが、車長、砲手、装填手、操縦手の4名の乗員の他、3〜4名の歩兵を収容することもできる。
CV90120  (上と左の写真)旧式化したStrv103やIkv91水陸両用軽戦車に代わるべきCV90の車体を持つ軽戦車である。砲塔は、専用砲塔にスイスの120mm50口径滑腔砲とドイツのラインメタル製120mm滑腔砲が候補にあり、共に低反動砲である。使用砲弾として、NATO使用のドイツ製APFSDS弾のDM33等が可能とされる。全備重量は一般の120mm砲MBTの半分以下の28t である。
全幅約3.2m、615PSの機関で路上最高速度約70km/h。
Strv.103  「Sタンク」として知られる特徴多き戦車で、最初の生産型であるStrv.103Aの量産は1966年から始まり、1971年までに約300両が生産された。さらに、改良型のStrv.103Bが生産された。最終改良型はStrv.103Cで、1984年に試作車が完成し、1986年から1989年にかけて改修作業が実施された。主にメインエンジン(巡航用)の換装と射撃統制装置の更新である。現在は退役過程にある。 最大の特徴は砲塔が無いことである。これは、スウェーデンの地理的特性を考慮し、森と湖、岩石荒地で敵の侵攻軍を迎え撃つ、待ち伏せ戦闘に相応しい形態となっている。照準のためも兼ねて姿勢制御可能な油気圧懸架を採用しており、転輪も4つであり小型である。しかし、全備重量は40t あり、前面の被弾径始の良好さから装甲防護性は高いと考えられる。砲が固定されているので自動装填装置も信頼性が高く最高15発/分である。砲は同世代MBTの105mm51口径より強力な105mm62口径ライフル砲である。また機関は、巡航走行用のディーゼル・エンジン(240PS)と、戦闘時に使用するガスタービン・エンジン(490PS)の2種が搭載されており、航続距離と戦場機動性を両立させている。
Strv.122  Strv.122は、スウェーデン陸軍が採用したレオパルト2A5戦車であるが、ドイツ陸軍に採用されたものとは異なっている。まず、装甲防御力が車体前部などで強化されている。また、砲塔前部と両側面だけでなく、砲塔上面でも装甲が強化された。これは近年、脅威と考えられつつあるトップ・アタック方式の対戦車誘導兵器に対抗するためである。このため、ドイツ陸軍のレオパルト2A5戦車の全備重量が59.7tであるのに対して、Strv.122戦車は62tと増加している。
Ikv 91  国土の多くが湖と森というスウェーデンの国情に合わせて開発された、浮航推進可能な軽戦車である。主として偵察に用いられるが、主砲は国産のボフォース製90mmライフル低圧砲を装備しており、対戦車戦闘も可能である。量産開始は1975年で、1978年までに210両が生産されている。全備重量は16.3t 、乗員は4名、最高速度:65km/h(浮航 6.5km/h)
HOME
MENU
HOME
MENU
Bv.206S  40ヶ国以上で1970年代後半頃より11,000両以上が運用されているBv206連結装軌車の軍用型。軍用型は1990年台よりスウェーデン陸軍他で採用され始めた。動力装置を搭載した前部車両と、前部車両と動力シャフトで繋がって走行駆動される後部車両によって運用される。動力シャフト以外に、連結部に駆動機構があり、前後車両間を動かして不整地走破性を高めている。兵員輸送車型では最大12名の兵員を乗車できる。固定武装は無いが、写真のような12.7mm機関銃等を搭載し、鋼板溶接構造や防弾ガラスによって7.62mm機銃弾に耐える。一式で約7t、全長約6.9m×全幅約2.0m。約180PSの機関で最高速度は約52km/h、履帯駆動で浮航推進もできる。  
CV90120
UDES-XX-20
上掲のBv.206のノウハウを活かし、2連接式車体に120mm砲を積んだ試作車。左は1981年の試験中の写真。
全重約25t、乗員3名、約600馬力で最高速度は約60km/h。前後車体間の上部に棒状の連結・駆動シリンダが見え、これの動作制御により不整地踏破性を向上させる。詳細は不明であるが、試作・評価までであったと思われる。