平成28年(2016)  横田基地日米友好祭


F−15J戦闘機
米空軍のF−16戦闘機
96式装輪装甲車と軽装甲機動車
CH−47(チヌーク)輸送ヘリコプター。輸送積載量は約10tonで、オスプレイ(MV-22)を上回る。日本でもポピュラーな機である。
平成28年9月17日(土)の横田基地日米友好祭での航空機です。
MENU
MENU
HOME
HOME
対地攻撃に特化した特異な機体を有するA−10攻撃機。固有兵装の30mmガトリング砲以外に、各種ミサイルを運用できる。
機首から発射する7砲身30mmガトリング砲。後方本体部は小型乗用車並みの容積を占める。
エンジンは被弾しにくい特異な配置とされ、コクピット周りには最大1.5インチ厚のチタン合金装甲を備えた強靭な防護力も特長。
F−2戦闘機。当初は支援戦闘機に類別されていたが、現在は戦闘機である。上掲のF−16戦闘機がベースであり、やはり酷似している。
F−4EJ戦闘機。1958年の原型機の初飛行から60年近くが経ち、5,000機近くが各国で製造されてきたロングセラー機。最高速度はマッハ2.2。
T−4練習機(中等練習機)。ブルーインパルスの機体も本機である。エンジンを含め国産で、200機以上が製造されている。
C−130輸送機。短い離着陸距離(試験的に空母に離着陸できている)、20ton近い輸送性能が良好で、上掲のF−4戦闘機よりやや前から飛行しているロングセラー機。日本でも現役で活躍している。
C−17輸送機。70ton以上の積載量を誇り、米国のM1戦車(60t以上)1両プラスアルファを運ぶことができる。
エンジンパワーレートは大きく、上昇速度や上昇高度(10万フィート)の記録を出している。
横田基地友好祭2007へ
横田基地友好祭2009へ
横田基地友好祭2009へ
横田基地友好祭2007へ