左は上カラー記事の本文で、全6頁掲載された。左の下の写真は1/16スケールのレオパルド1の同様なラジコン化プラモデル。スリップリング他も同じで、更に自動装填で銀球を撃つ。射程は10m近くある。またエンジン音を車速に応じた音程で発する模擬騒音発生器も作り付けていてリアルな走行音で走る。砲基部(防盾)上のサーチライトのON/OFFもできる。
最近、タミヤ模型から実際のエンジンのサンプリング音を出して走り、弾発射などもできるタイガー戦車模型が発売されたが、それをはるか前に実現した試みであり、とんぺいとしては大いに誇りにできた作品であった。
 
1/35
ラジコン74式戦車と弾発射1/16ラジコンLeopard-1戦車
Radio Controlled 1:35 scale type 74 Tank & 1:16 scale Leopard-1 Tank which can shoot bullet     

1/35 74式戦車本体とラジコンプロポ。
製作当時はラジコンも高価で5チャンネルを買うのが精一杯であった。左右クローラ前後進・速度に2チャンネル、砲塔旋回に1チャンネル、砲身俯仰角に1チャンネルが割り当てられ、残る1チャンネルを分割して、砲口発光(赤色LED点灯)と赤外線サーチライト点灯に割り当てている。その2チャンネル分は左写真のプロポ(送信機)の左上に見える2つの白いボタンで操作できる。
敷布上でトーションバーにより各輪が上下している。プラモデルでは固定だが、中の軸を可動にし、細いピアノ線を入れて、サスペンションの動きを実現した。赤外線探照灯の後ろの黒いケーブルは本当の電線である。
上は「モデルジャーナル誌」(現在廃刊)に掲載された、タミヤの1/35スケール74式戦車プラモデルをフルラジコン化したもの。左右履帯独立駆動(前後進可変速)、砲塔旋回、砲身俯仰、砲口発光(発砲のデモ)、赤外線サーチライト発光、ヘッドライト発光、バックライト発光(バック時に後進側が自動で)と作動する。当時、ラジコンが高価だったため、5チャンネルのものを改造してこれだけの作動を可能にしている。履帯駆動、砲塔旋回はラジコンサーボを分解改造してモータドライバとして使用し、砲塔は同一方向連続旋回できるよう、スリップリングを自作して砲塔俯仰、灯火の信号を送っている。さらにプラスチック固定の足回りを改造し、細いピアノ線でトーションバー懸架も作り込んだ(上左写真でタバコを載り越している)。当時はラジコン機器も大きかったが、今ならば1/48以下のスケールの自作も簡単である。
MENU
MENU