メカセレクション−艦船

第2次大戦の海の戦いは航空戦でしたが、役に立つか否かは関係なく「大艦巨砲」が好きです。主に大和型戦艦、
ビスマルク型などの戦艦や重巡洋艦が好きです。中でも日本の八八艦隊計画の幻の巨艦に興味を引かれます。
現代の1万 t に満たないミサイルフリゲートなどとは全く異なる戦いをする「鋼」の巨艦にも惹かれるのです。
出典:「日本の軍艦」(福井静夫氏)、「丸スペシャル」、「世界の艦船」、「超絶!秘密兵器大全」ほか

MENU
Yamato
戦艦 大和 型
戦艦史上最大口径の46cm(18インチ)砲を唯一搭載した、そして史上最大の戦艦。1番艦の大和は開戦直後の1941年12月16日に就役した。下3枚の写真は大和。全長263m×全幅38.9m、46cm45口径砲3連装×3基を搭載し、機関は150,000馬力で速度は27.3ノット。乗員数は就役時は約2,500名、最終特攻時には約3,300名であった。側面水線部防御鋼板最大厚さは410mm、主砲塔前盾厚さは650mmに達する強力無比なものであった。2番艦武蔵は昭和17年8月5日に連合艦隊旗艦として就役した。しかし登場したのは、日本が自ら開いた航空戦力の時代であり、武蔵ととに目的の戦艦戦を行うとことはかなわず、大和は昭和20年4月、沖縄への片道切符の航行中、不本意にも米機動部隊の航空機が発した十数本の魚雷、多数の爆弾により大爆発を起こして沈没した。2番艦武蔵も昭和19年10月にレイテ沖作戦で航空機の攻撃により沈没している。最後の3番艦信濃はミッドウェーでの空母喪失により重装甲空母に改造されたが、試験を省き一部未完成であったため、昭和19年11月に潜水艦の4本の魚雷で呆気なく沈没した。3艦のいずれも活躍の場がなく、はかなく消えた。尚、本艦タイプの後には50cm砲搭載の艦も計画されていた。大和型とほぼ同じ艦型、スケールとするため50cm主砲は2連装×3基とされていたが、当然ながら計画のみで終わっている。
艦首から前部主砲塔、前部艦橋を眺めたところ(武蔵)。幅の広さ(水線下最大38.9m)がよくわかる。喫水線から艦橋頂部の主砲射撃指揮所までの高さは50m近くあったとされ、遠距離主砲戦に対応していた。艦橋内にはエレベーターも備えられていた。
上左左写真は昭和17年6月の公試中の武蔵。手前は1番主砲塔。砲塔照準器の観測窓が突出して覗いている。写真左下は砲塔側15m測距儀。上右写真は同年の武蔵の艦橋後部を左舷側から眺めたところ。多数の機銃射撃指揮装置、無線空中線の張出が見える。頂部15m測距儀上には新造時から備えられた灰白色に塗られた二一号電探の空中線が見える。写真下部には12.7cm連装高角砲の砲身や探照灯が見える。写真右は煙突。
昭和18年6月24日に昭和天皇陛下行幸の際の武蔵甲板上での記念撮影。最前列中央が天皇陛下。左舷中央部でのもので、左上にはシールド付き25mm3連装機銃、右にはシールド付き八九式40口径12.7cm連装高角砲が見える。爆弾等爆発断片からの防護以外に、主砲発射時の爆風圧から操作員を保護する目的もあってシールドが装着されていた。
上左写真では艦橋の手前に左下の第2主砲塔測距儀が見え、その後に装甲厚500mmの司令塔が見える(武蔵)。右下に2基のシールド付き25mm3連装機銃が見える。25mm3連装機銃は日本海軍の代表的防空火器であった。上右写真は洋上で艦橋から前部主砲塔を眺めたところ(武蔵)。前甲板ともその大きさが解る。主砲塔の装甲は前盾で650mm、写真の天蓋部で270mmあり、主砲塔一式(1基)での質量は駆逐艦1艦にも及ぶ約2,700トンであった。
上写真は呉海軍工廠で艤装中の大和。写真中央の後部主砲塔では45口径46cm砲々身がほぼ最大仰角45°に上げられている。この状態での徹甲弾最大射程は約42kmに達していた。その左上に60口径15.5cm3連装の第4副砲塔が、写真左端には第2副砲塔尾部が写っている。最高の軍機扱いであった本艦では、写真のように周辺に他船を配して隠す、作業者のセキュリティーを最高度に厳しくするなどして秘匿が徹底され、戦後まで米国も本型を十分には把握できていなかったとされる。 下は昭和19年頃の改装された大和の艦型図。4基あった副砲塔は2基に減じられている。第1主砲塔から第3主砲塔の間の水線部には最大厚410mmの装甲鈑が装着され、想定距離からの敵46cm砲弾に耐える設計となっていた。しかしそれが活かされたことはなかった。

主砲発砲時の武蔵。その40mに迫る船体幅の数倍の巨大な砲焔。この46cm砲の大きな発砲爆風圧から兵員らを保護するために、大和の船体側部の高角砲や25mm3連装機銃の多くに防護シールドが取り付けられていた。但し、武蔵では装備が一部間に合わなかった。






艦橋上部から見下ろした武蔵の前甲板部。




八八艦隊計画
艦齢8年以内の戦艦8隻、巡洋戦艦8隻を基幹とする艦隊のことで、巡洋艦などの支援艦艇も含めた日本にとっては破格の艦隊整備計画であり、その出発点となった構想が始まったのは日露戦争が終った翌年の明治39年(1906)であった。しかし当時の国家財政は苦しく計画自体も八四艦隊であったが、八八艦隊として実現する見込みとなったのは大正8年(1919)のこと。大正16年(昭和2年: 1927)までに完成させる予定で進められ、第一陣の長門型戦艦2隻が大正10年(1921)までに完成し、長門の拡大改良型の加賀型戦艦2隻が進水済み、天城型巡洋戦艦4隻が起工済みであり、さらに紀伊型戦艦4隻、13号型戦艦4隻が計画中であった。実質は高速戦艦12隻、巡洋戦艦4隻である。しかし、米英主導のワシントン軍縮会議(大正10〜11年: 1921〜1922)で長門型2隻を除き中止となった幻の主力艦隊であった。


戦艦 長門 型(1、2番艦)
世界に先立って最初に40cm(16インチ)砲を装備した戦艦。写真は1番艦長門。八四艦隊計画(未だ八八ではなかった)の第1艦として大正5年(1916)の建艦計画により建造され大正9年(1920)に完成。当初は伊勢型(14インチ)の強化改良型として計画されたが英・独が15インチ砲を採用したので16インチ45口径砲8門に改められ、長門の原案となった。その後近代戦艦による史上最大級・最新の英独のジュットランド海戦の戦訓報告により原案は改められ、常備排水量は1,300t 増した上で主機80,000馬力により最高速度は2ノット増加して26.5ノットとなり、船体主要部の装甲を増し、それ以外の装甲を減らした集中防御構造に改め、水平甲板の厚さ等を増やした。但し未だ対航空機爆撃によることとは考えず、あくまで長距離砲戦での大落角(対水平角が大きい)に対しての考慮である。2番艦の陸奥は大正6年(1917)の艦隊計画により、一年遅れの工程であったため長門型(改良)より更に攻防力を有する高速戦艦とする設計ができた。長門と同じ排水量、速度で、主砲は16インチ連装砲塔が1基増え10門となり、更に装甲についても配置や増厚で強化された優れたものであった。しかし長門と同型で2隻船隊を組む上から、また起工を遅らせることができなかったため、長門と同じ設計で建造された。ワシントン軍縮条約会議で廃艦となりそうになったが存続した。上記改長門型の設計は次の加賀型戦艦に活かされることとなった。

左上は大正後期の竣工当時の長門。6脚鐘楼構造の艦橋や、2本煙突であるのが分かる。左下は昭和に入って近代改装され、重厚感が増した長門。艦橋には各種指揮装置等が追加され複雑になり、一方、煙突は1本に集約された。写真では分からないが40cm連装砲塔は砲、装甲を強化し、一部10m測距儀を搭載するなどしたものに換装されている。その他水線装甲の強化とともに行われた大きな舷側バルジの追加も確認できる。
下は竣工当時の長門の艦型側面図。

  

戦艦 加賀 型(3、4番艦)
上記陸奥改良設計案を元にした拡大改良型である。
加賀(第3号艦)、土佐(第4号艦)の2隻。大正7(1918)年に設計完成し、大正9年に工事に着手した。常備排水量39,900t 主砲は40cm連装砲×5基10門、主機は蒸気タービン91,000馬力、速力26.5ノット。戦車などで言われる被弾径始と同様な日本艦初の傾斜装甲施工などの強化改良も行われた。進水前にワシントン軍縮会議(大正10年1921)で廃艦と決まったが進水までは行った。しかし赤城とともに空母に改造予定の高速巡洋戦艦天城が関東大震災で破損したので、それに代わって急遽戦艦加賀が空母に改装されることになった。結果、土佐のみが射撃試験標的となり、海軍は艦砲性能や防御構造の開発にとって貴重なデータを得た後、海没処分した。上の完成想像画は、ジェーン軍艦年鑑の3代目編集長オスカー・パ−クス氏が描いたものである(以下天城型、13号型戦艦の画も同氏によるもの)。左は他で画かれた迫力ある完成想像画。下写真は記念模型、その下は、計画艦型側面図。

  

巡洋戦艦 天城 型(5〜8番艦)
16隻の中の第5番艦から、天城、赤城、高雄、愛宕の4隻。加賀型と同じく40cm連装砲塔5基を備え、常備排水量は41,200t におよぶ。完成後長門のように強化大改造がなされれば第2次大戦頃には5万t を超えたであろう。機関出力は131,200馬力で30ノットを出す計画であった。しかしワシントン軍縮条約によって工事が進んでいた天城、赤城は空母に改造、高雄と愛宕は工事中止、解体と決まった。しかし横須賀で建造中の天城が関東大震災により破損して廃艦となり代わって戦艦の加賀が空母に改造された。下は、加賀型と同様ジェーン軍艦年鑑の3代目編集長オスカー・パ−クス氏が描いた完成想像画。その下は計画艦側面図。

戦艦 紀伊 型(9〜12番艦)
このタイプは4隻が計画され、16隻の9番艦から紀伊、尾張と命名され11番艦、12番艦は艦名は決まっていなかった。就役を早めるため、天城と同型(外形形状・寸法、兵装、機関出力など)で防御を強化したもので、天城型より1,400t 重い42,600t 。完成予想画および、計画艦型側面図は上掲の天城型と殆ど同じである。 最高速度は天城とほぼ同じ29.75ノットの予定で攻防走のバランスの取れた高速戦艦となるはずであったが、これもワシントン軍縮条約で起工されることなく終った。

  

戦艦13号型(13〜16番艦)
八八艦隊計画による主力艦の最後の4隻は艦名未定の46cm砲搭載の戦艦で、常備排水量は47,500t に達した。同じ八八艦隊艦の紀伊型同様の高速戦艦であった。完成していれば、大和型に14年先立つ46cm砲搭載巨艦になるはずであった。長門型などと同様の昭和期の強化改装があれば後に6万t 級になっていたかもしれない。詳細設計には至らず中止となったが、46cm連装砲×4基、機関出力は150,000馬力で30ノットと計画されていた。下の完成想像画はこれもまたジェーン年鑑3代目編集長オスカー・パークス氏が描き、その下は計画艦型側面図



   

戦艦 ビスマルク 級
1940年竣工。全長251m×全幅36m、基準排水量41,700t (公表値35,000t )、満載排水量約49,000t 。138,000馬力で最高速力は29〜30ノット。38cm(15インチ)47口径連装砲×4基、15cm連装砲×6基。大和級、米アイオワ級に次いでの巨艦。英国にとって本艦の大西洋進出は問題であった。そのビスマルク(下掲写真上)がその砲撃で短時間のうちに英国の国民的象徴の巡洋戦艦フッドを沈め、プリンス・オブ・ウェールズを大破させるに至って英海軍は威信回復のため空母2隻、戦艦5隻、巡洋戦艦3隻など計42隻もを投入し掃討作戦を展開した。航空支援もないまま、航空魚雷により舵を破損し、行動の自由がきかなくなった後、英艦隊に包囲され、砲火を浴びながら2時間戦い、砲弾の攻撃にはよく耐えたものの、魚雷多数により沈没した。第一次大戦のドイツ戦艦は防御力やダメージコントロ−ルに優れていたが、その伝統を引き継いでいた。同型艦にティルピッツがあり(下掲写真下)、機関出力はビスマルクより10,000馬力ほど増大しており、30.8ノットが出せた。こちらは目立った作戦には参加せず、最後は浅瀬で浮砲台となり果てたが、その存在は英軍にとっては無視できず、5.5t 爆弾攻撃で沈没した。



 

装甲艦
ここにいう装甲艦とはドイツワイマール時代にベルサイユ条約により旧式戦艦の代替として認められた艦の正式な艦種名である。保有を認められた旧式前ド級戦艦は1922年以降、10,000t を超えない装甲艦で逐次代替できることに辛うじてなっていたが、厳しい制約の中、ドイツはこの名艦を建造した。出現当時、敵戦艦の追跡を振り切ることができる速度を備え、同時に巡洋艦に対してはその砲弾に耐え、主砲力で圧倒でき、連合国にとって目障りな存在となった。その主砲性能からポケット戦艦と呼ばれた。3連装×2基で装備された主砲は28cm、砲身長が52口径あり、初速は910m/sと速いので射程距離は約36.5kmと大きく、近距離では英国戦艦のより大口径な砲に貫徹力でも優った。主機関にはディーゼルを搭載し、1万浬に達する航続力を活かして通商破壊活動で活躍した。準同型艦として3隻造られ、共通して全長186m×全幅21.6m、約12,000t (公表値は10,000t であったが)、主機関55,400馬力で最高速度は26〜28ノット。1番艦は再生海軍を祝して当初ドイッチュラント(ドイツ国)と命名されたが万一沈むと士気に影響すると、リュッツオウと改名された。2番艦はアドミラル・シェーア(下掲写真下)、3番艦はアドミラル・グラフ・シュペー(下掲写真上)と命名された。シュペーは通商破壊に大いに活躍したが、1939年ラプラタ沖海戦で降伏を拒んで自沈したことで有名だが、他2艦はそれぞれ戦争末期まで活動した。



    

重巡洋艦 最上型 (写真は最上)
特に外見上お気に入りの艦。当初の基準排水量8,500t 、全長189m×全幅18.2m(重巡改装後は200.6m×20.5m)、機関出力152,000馬力で速力37ノット。ロンドン軍縮条約(1930)で重巡も建造が制限された日本海軍の苦肉の策で、表向きは15.5cm砲を備えた軽巡として建造し、後に20.3cm連装砲×5基に換装されて重巡となる。装甲も対重巡とされていた。外見上は高雄型重巡の艦橋の巨大化を反省し、必要なだけの部屋で構成されるコンパクトな艦橋が特徴である。装甲などを充実させるための大幅な重量軽減、また電気溶接などの採用が裏目に出て、公試時に外板にシワが出るなどの強度不足が指摘され、改修工事に時間を要した。当初軽巡として搭載された15.5cm 3連装砲×5基(15門)は、砲身長が60口径あり、最大射程約27.4kmは20.3cm砲に匹敵し、単位時間あたりの発射重量は20.3cm砲(計10門)にした場合より多く、その換装を惜しむ声もあったという。換装撤去された主砲塔は大和型戦艦の副砲、大型軽巡大淀の主砲として活かされた。最上型4隻のネームシップ最上はミッドウェー海戦の三隈との衝突事故損傷の復旧を兼ねて後部の主砲塔2基を撤去して水上偵察機11機の射出甲板を設け、利根のような航空巡洋艦となった。下写真は2枚とも軽巡当時の最上(特に、下の2枚のうち、上の写真は、2次戦中の日本艦艇の写真の中でも最も気に入っているものである)。




駆逐艦 秋月型 (写真は 冬月)
全長134m×全幅11.6m、基準排水量2,700t 、満載排水量約3,800t 、機関出力52,000馬力で速力33ノット。主砲として10cm連装高角砲×4基。航空母艦直衛を主任務とした防空駆逐艦。主砲の10cm砲は65口径と長砲身で、初速は1,000m/s、発射速度19発/minと優れたものであり、10cm砲弾でも最大射程約19,500m、最大射高約14,700mを誇った。同型艦は12隻建造されその対空防御力が重宝された。目的を防空駆逐艦としてしっかりと定めた本艦は名艦に相応しい。




護衛艦 ひゅうが 型
海上自衛隊初の全通ヘリコプタ甲板を備えた、正にヘリ空母と呼ぶに相応しい艦である。「はるな」型の代替として計画されたが、3機同時発着艦可能など高いヘリコプタ運用能力を有する。SH-60J/K、MCH-101掃海・輸送ヘリなど各種ヘリコプタを計10機程度搭載できる。2つのつながった格納庫、2つのエレベータ、1つの魚雷等器材用小型エレベータを備える。固有兵装は単SAM、アスロック兼用の垂直発射機(16セルVLS)と20mmCIWS機関砲2基、3連装短魚雷発射管2基。基準排水量13,950t、全長197m×全幅33.0m。ガスタービン4基100,000馬力で速力30ノット。アイランド型の前艦橋と後艦橋に分散して4方位の捜索・追尾用とミサイル誘導用のフェーズドアレイレーダーパネルを装備し、指揮通信能力も優れ、旗艦として、災害時等での洋上司令部の機能も有する。そのための多目的スペースや充実した医療施設など災害対処の区画もある。



    

護衛艦 あさぎり 型 (写真は あさぎり)
とんぺいが観艦式で初めて乗った護衛艦が同型艦の「あまぎり」なので掲載した。護衛艦隊の主体となる汎用護衛艦として計画されたもので、本来「はつゆき」型(1982年〜1987年、12隻)がその任務として計画され就役したが、フォークランド紛争(英フリゲイト艦2隻がミサイル他で失われた)の戦訓から「はつゆき」型の設計を改め、上部構造物をアルミから全鋼製とするなどして、排水量を500t 増大させ、機関出力を45,000馬力から54,000馬力に強化し、さらにヘリコプターも2機が収容可能になっている。1988年から1991年にかけてハイペースで8隻の同型艦が就役した。3,500t 、全長137m×全幅14.6m、ガスタービン4基2軸、30ノット、兵装はハープーンSSM 4連装発射筒2基、シースパロー短SAM 8連装発射機1基、アスロックSUM(対潜水艦) 8連装発射機1基、76mm単装砲1基、ファランクス20mm CIWS(ガトリング砲システム)2基、324mm連装短魚雷発射管2基、HSS-2Bヘリコプタ 2機、と多彩なマルチな艦である。乗員220名。



Kongou

イージス護衛艦 こんごう 型 (写真は ちょうかい)
昭和63(1988)年度計画で建造されたわが国初のイージス護衛艦で1993年3月に一番艦「こんごう」が就役した(下掲写真上)。護衛艦隊の防空を主任務とする。基準排水量7,250t 、満載排水量9,485t 、全長161m×全幅21m、乗員300名。スタンダードSAMおよびアスロックSUMを垂直発射させるコンテナ様の発射機ユニットは艦の前部と後部に1つずつあって、2つでミサイル合計90発分ある(甲板に埋め込まれていて写真では見えない)。通常はスタンダード74発、アスロック16発である。その他兵装はハープーンSSM 4連発射筒 2基、OTOメララ127mm単装砲1基、ファランクス20mmCIWS 2基、3連装短魚雷発射管2基。艦橋にはフェーズドアレイレーダーアンテナが4基取り付けられる。これは同時に154の目標の探知、識別、追尾ができる。そしてその中で同時誘導できるミサイル数12、と従来の対空ミサイル護衛艦の6倍になる。船体、艦橋、煙突などはステルス性を考慮し平面構成で傾いている。ガスタービン機関出力100,000馬力で速力は約30ノット。また、艦内与圧式のNBC防護も備えられている。以上のように高性能なものでまとめられているので自衛隊の単一装備として最高の約1,200億円となった。旧帝国海軍の「高雄」級重巡を思い起こさせる巨大な艦橋が特徴であるが、甲板のラインを含め、あまり美しくない。重要な任務を遂行する話題の多い大型艦なので掲載した。
Atago-1
イージス護衛艦 あたご 型 (写真は あしがら)
こんごう型4隻に続いて装備化される最新鋭イージス護衛艦。こんごう型に比べ、約500t 弱増大し、満載排水量は10,000t に達する。こんごう型との外見上の違いは、SH-60J/K哨戒ヘリコプタ1機を収納できる格納庫を備えたこと。そして、艦前部の127mmMk45単装砲はMod4で62口径に長砲身化されたものとなっており、米海軍が開発中の射程距離117kmとも言われる誘導砲弾の使用も可能とみられる(写真では砲塔シールドは小さく、とても127mm砲のものには見えない)。また、檣楼部がステルス性向上のため、ラティス構造から塔型に変更されている。対艦その他として、垂直ミサイル発射機:VLSの艦前後の基数配分が変更されている(前部64基、後部32基。こんごう型はその逆)。全長165m(こんごう型より4m延長)×全幅21m、ガスタービン100,000馬力で約30ノット。乗員数約300名。2008年3月に写真の2番艦「あしがら」が竣工している。こんごう型では艦前部に巨大な艦橋構造物があって、艦後部が寂しく見えてアンバランスな感じを受けたが、あたご型ではヘリ格納庫などで後部構造物も大きくなり、バランス良く見える。

Hayabusa-1

ミサイル艇 はやぶさ型
(写真は おおたか)
写真は上、左とも平成11年度計画の「はやぶさ」型の3番艇。平成14年3月から装備され、現在6艇が竣工している。基準排水量200t 、全長50.1m×全幅8.4m、ガスタービン3基出力16,200馬力。推進方式はウォータージェット。対艦攻撃能力に加え、不審船への対応も考慮した新型艇。
当初は半双胴型で最高速力40ノットの計画であったが平成11年の北朝鮮不審船事件の教訓から写真のような形態でガスタービン主機3機での44ノットへと大幅に改められた。90式SSM連装発射筒2基、76mm単装砲1基、12.7mm単装機銃×2基。このクラスの小型艇を多く配備するのも日本海側の防衛には好適ではないか。




海上保安庁巡視船 ひだ型 (写真は あかいし
巡視船PL52「あかいし」。「ひだ」型の2番船(3番船PL53が平成20年竣工予定)。平成13年の九州西南海北朝鮮工作船事件を教訓として計画された最高速力30ノット以上の高速船。総トン数約1,800t、全長95.0m×13.0m。兵装は40mm単装機関砲×1、20mmガトリング砲×1。ヘリコプタの発着艦が可能で、高速警備船および航空機で構成される高速機動船隊の指揮ができることを前提として計画された新鋭船。ディーゼルエンジン4基にウォータジェット4基で推進する。エンジン排気のための煙突は無く、船体側面喫水線近くに排気孔があり、船橋構造物側面の傾斜等とともにステルス性を意識した設計のようである。欧米、特に欧州の艦に比べ保守的な外観である海上自衛隊護衛艦に比べ、先進的にも見える外観、特に従来型の煙突が無い点などは日本の艦船として非常に斬新である。




ニミッツ級航空母艦
米海軍の超大型原子力航空母艦。同型、そして改良型が合わせて10隻建造されている(その後は新型艦ジェラルド・R・フォード(USS CVN-78)に移行する)。尚、最初の原子力空母「エンタープライズ」型は1隻のみで同型艦は高価なためキャンセルされている。
基準排水量約82,000t 、満載排水量は約10万t で、5番艦以降は10万t を超えた世界最大の巨艦であり、本頁に掲載することとした(しかしながら、本頁最上に掲載の戦艦大和型は、それに近い規模の超大型艦であり、それが70年以上も前に造られていたのであるから凄いものである)。
全長333m×船体幅41m(飛行甲板最大幅約77m)、原子炉を動力とし、駆動力約260,000馬力で速力は30ノット以上。1番艦のニミッツが1975年に就役し(発注は1967年頃とされる)、退役は2030年以降であり、艦齢は50年以上となり、原子力推進と合いまって、ライフサイクルコストを低減しようとしている。しかし、実際は通常動力艦より高くつくようである。
艦載機は飛行甲板上の駐機を含めて約90機で、航空関連部員2,000名以上に、乗員約3,200名が加わり、総員では6,000名弱が搭乗し、まさに1つの町である。自艦防御兵装として、RIM-7 シースパロー艦対空ミサイル、ファランクス20mmCIWS×3基、そしてそれらを補うように、同時多数のミサイル等の攻撃に対応できるRIM-116RAM(Rolling Airframe Missile)も搭載している。

MENU