平成元年度 自衛隊観艦式(予行)
MENU
HOME
平成元年(1989)の自衛隊観艦式です。前回から2年目で第18回目です。艦艇は55隻、約14万3千トン、航空機は7機種51機が参加しました。乗艦したのは、当時、最新鋭艦であった「あさぎり」型の4番艦「あまぎり」でした(同じ平成元年3月竣工。同型艦は8隻)。この時は清水湾付近迄航行し、富士山をバックにしてのきれいな艦影を撮影することができました。(1989/11/03)
MENU
HOME

平成18年度観艦式へ
平成18年度観艦式へ
平成元年(1989年)11月3日の朝7時頃の、横須賀基地の入り口。天気は晴れ。
基地奥の桟橋。手前の2艦は、当時の主力艦的存在であった「はるな」型。
4連装ハープーンSSM発射装置。
艦首の62口径76mm速射砲。対空射撃にも使える優れた砲。最大射程約16,300m、発射速度は10〜80発/分の可変式。
艦尾部の、8連短SAM(シースパロー)発射機。シースパローは最大射程約13km、射高約3,000m、セミアクティブレーダーホーミング式。
艦橋とその前のアスロックランチャー。ホーミング魚雷を投射するリモートコントロールできる遠隔操縦ロケットで、有効射程約9km、空中速力は約マッハ1。対潜任務が重要な我が国では重要な装備アイテムである。
現在は、殆ど全ての護衛艦に装備されている20mmCIWS(Close in Weapon System)。6銃身で発射速度は3,000発/分。
艦橋内部
機関操縦室内部。ガスタービン4基計54,000馬力を制御する。ジェット機同様なタービン回転音が聴こえた。
乗艦の「あまぎり」に続く隊列。先頭の艦は、「はつゆき」型の「まつゆき」。
富士山を背後に受閲される「はるな」(左、下とも)。昭和48年(1973)に竣工した艦であるが、当時は艦齢16年で自衛隊の主力艦であった。
右は「あさかぜ」、左は「さわかぜ」。ともにミサイル護衛艦とも言われる「たちかぜ」型3隻の2番艦、3番艦。
乗艦の「あまぎり」のネームシップ「あさぎり」。ヘリコプタ格納庫が目立つ。
上掲の「たちかぜ」型の拡大改良型とも言える「はたかぜ」型2隻の「しまかぜ
「あさぎり」型の3番艦「ゆうぎり」。兵装はバランス良く、当時の最新型でもあり、海上自衛隊期待の8隻の1艦であった。同型艦「あまぎり」から見ているので、つくりがよく分った。基準排水量約3,500t、全長約137m×全幅約14.6m。兵装は、20mmCIWS×2基、62口径76mm速射砲×1、短SAM(シースパロー)発射装置一式、SSM(ハープーン)発射装置(4連装発射筒×2基)一式、アスロック発射装置×1基、3連装短魚雷発射管×2基、哨戒ヘリコプター×1機。ガスタービン4基54,000馬力で速力30ノット。乗員約220名。
隊列を組む、受閲隊と、観閲隊。多くの艦を長蛇に隊列を組ませ、それを方向転換させる等は、海外の観艦式では行わない練度の高い訓練・運行であるとのことである。
「はつゆき」型11隻の9番艦「まつゆき」ほか。「はつゆき」型は、上掲の、そして乗艦した「あさぎり」型の前身となった艦である。当時の前中期防衛力整備計画では、4コ護衛隊群計20隻を整備することとなっており、本型と「あさぎり」型で構成した。基準排水量約3,000t、全長約130m×全幅約13.6m。速度、兵装は上掲の「あさぎり」型とほぼ同じである。
短SAM発射機が置かれた艦尾から眺めたヘリコプタ甲板と格納庫。
ヘリコプタ格納庫内から見た艦尾方向。通常は哨戒ヘリコプタHSS-2B、あるいは当時の新型機SH-60Jを1機搭載している。
救難飛行艇US-1A。全幅約33m、最大離陸重量約45t。愛称「おおとり」。
観閲式は終わり、各艦は自分の所属基地に帰るため、隊列を離脱した。
乗艦した「あまぎり」(左)と同型艦「ゆうぎり」。乗っていて、中々好印象の艦であった。
「あまぎり」の下船はしご。写真右はヘリコプタ格納庫の一部であるが、とても大きく目立つ。
右は「あさぎり」型の戦闘コンセプト図。下は兵装配置図。
どちらも「護衛艦あまぎり」のパンフレットより。
平成6年度観艦式へ
平成6年度観艦式へ
平成15年度観艦式へ
平成15年度観艦式へ
Shimakaze-2
平成24年度観艦式へ
平成24年度観艦式へ