第24回東京モーターショーは、2011年12月3日(11月30日からプレス)から12月11日まで約1週間半にわたり、東京ビッグサイトで開催されました。幕張メッセ(千葉県)から24年ぶりに、その名の通り、東京での開催に戻りました。前回2009年は、殆どの海外メーカー、2輪、商用車メーカーが不参加という異例の事態でしたが、今回はまだ続く世界不況の中、かなりのメーカーが戻ってきました。また、展示に自動車以外の「自動車の応用」的な展示も加わり、興味深いものとなりました。さらに、いわゆる「エコ」至上主義的もの、あるいは実現性のないような夢物語的なクルマはそこそこに抑えられ、望んでいた、いわゆるカッコイイ、走り回りたくなるようなスポーティーなクルマが戻ってきました。それでも米、伊のメーカーの不参加など惜しいところがありましたが、規模としては盛大で、観客も戻ってきて楽しみは増しました。そんな2011年の東京モーターショーを撮影しましたのでご覧ください。
第42回  東京モーターショー 2011

その1 その2 外国車 コンパニオン
モーターショー2004
モーターショー2005
モーターショー2007
モーターショー2009
HOME
MENU