メカセレクション車両・陸上兵器

機能美にあふれた車両が好きです。そういう点で、戦車なら、基本構成・構造が出来上がった第2時大戦のものにお気に入りが多いです。
ドイツのものが有名ですが、それらを上回ったとされるソ連戦車にも見るべきものが多く、JS-3、T-34/76などの傑作戦車も好きです。
現代では、日本の74式やドイツのレオパルド2などがよいです(明確な基準はありません)。一方、使い物にならないような超重戦車にも
惹かれるのは何故でしょう。ドイツのMAUS、E-100とか。重装甲な戦艦にも通じる鋼鉄メカの重厚感がよいのです。
100km以上も先の目標を攻撃した長距離砲にも魅力を感じました。現代艦砲で同程度の射程が得られていますが口径が全く違います。
旧満州を、パシナ型蒸気機関車に牽引されて疾走した、大陸特急あじあ号に乗って、大地に沈む夕陽を眺めたいと想ったこともあります。
それらをとんぺいなりの思いを交えて紹介します。

本文: とんぺい(一部写真とも)
参考文献: 「PANZER」各号、「グランド・パワー」各号、「世界の戦車 イラストレイテッド」各号、
「J Ground 特選ムック」、「グラフィック第二次大戦アクション」、
「丸」各号および各別冊付録、
「世界の最強戦車図鑑(歴史に残る傑作50選)」、「戦車名鑑1946〜2002 現用編」

(最終更新: 2020/10)

MENU
  パシナ型蒸気機関車(超特急あじあ号)
パシナ型蒸気機関車は、「パシフィック型、軸配置2C1形式7番目の機関車」という意味で「パシナ」と呼ばれた。昭和9年から超特急列車「あじあ」号の牽引機関車として大連〜新京(長春)間704kmを最高時速120km/hで走った。 大連満鉄工場が3両を、川崎重工業兵庫工場が9両を製造した。走行線路が広軌で、日本製蒸気機関車の最大型である。全長25.75m、幅3.4m、高さ4.8m、運転整備状態での全重量203ton(機関車119ton、炭水車84ton)、動輪直径2m(日本最大)の 巨大な青色のモダンな流線形車体で、牽引力は1万5,850kgfであった。そしてパシナが牽引する超特急「あじあ」号は快速だけでなく、外観、装備も世界一級の豪華列車であった。 本体を流線形のシールドで覆い、軽量化を徹底し、豪華な食堂車やリクライニングシートを備え、完全に冷暖房化されていた。

  D51 型蒸気機関車
1936年に設計され、物資輸送用に戦時中も通して、日本の機関車の中で1車種として最も多い1,115両が生産された。
全長約19.7m×最大高1.98m。機関車運転重量は約78.4ton。動輪直径は1,400mm、動輪周馬力は1,280馬力であった。製造に、溶接構造を多用した機関車でもある。貨物輸送では2,400tonを単機で牽引運用したこともあり、試験的には3,000tonの試験牽引を良好に行ったこともあった。

  JS-3 重戦車 (ソビエト)
 第2次大戦終戦時に登場した重戦車。ベルリンでの戦勝パレード(1枚目および4枚目写)で世界から大いに注目された。強力な122mm43口径砲を備えた(但し、元が戦車砲ではないので、ティーガーUが備えた88mm71口径長砲身高初速砲に必ずしも優っていたわけではない)。けれど、そのすばらしい被弾経始(砲塔の丸み、車体外部の傾斜による幾何学形状的耐弾性)から伝わる洗練度が強く目を引いた。下の図面から、その洗練された砲塔形状などがうかがえる。実際、ドイツのティーガーでも撃破が難しいだけの装甲厚を有していたが、機動性は重戦車の割に優れていた。戦後の各国の重戦車設計に大きく影響した。登場時期もあって、ドイツのティーガーU戦車等との実戦記録は無い。尚、車内スペースが少ないので、携行主砲弾数の少なさ、乗員の居住性の悪さ、また、当時のドイツ戦車や現代の戦車では当たり前の砲塔内バスケットは無かった。
 中戦車であれば、T-34シリーズが第2次世界大戦で最優秀であったが、「重戦車」というカテゴリが健在であった当時は最優秀重戦車であった。それでも全重は46tonであり、戦中のティーガーUは約70ton、IS-3の戦後の対抗車であったアメリカのM103は60ton以上もあった。1952年迄に約2,300両が生産されたが、圧倒的多数が生産されたT54/55が主兵装となり、西側からはあまり多くは見られず、T-10重戦車が後継となった。

要目  全重約46ton、全長9.85m/車体長6.67m×全幅3.2m×高さ2.45m。最大速度40km/水冷ディーゼル600馬力、行動距離約190km。武装:主砲122mm46.3口径、12.7mm機銃×1、7.62mm機銃×1、装甲:砲塔下端最厚部(前面)220mm、砲塔上部全周110mm、車体前面110mm。乗員4名。生産数約2,300両。
1945年(昭和20年)9月7日のベルリンにおける連合軍合同の戦勝記念パレードにおいて隊列を組んで登場したIS-3(上下写真とも)。公式にはこのパレードが連合軍西側諸国への初お披露目となった。そしてその見た目の洗練具合に驚愕されたという。
 
左右両写真とも、このようなアングルで見ると、その外観が特に洗練されて見える。車体前部上側も、正面からみてさらに左右に跳弾させようとしている点等も凝っている。左の車体には上部12.7mm機関銃DShKがないが、これが真上近くを向いて付いていると一層格好良さが感じられる気がする。
アメリカの行事で走行するIS-3の実車。砲塔は小さく人の大きさに比べても非常に低いシルエットとなっている。
IS-3は、ドイツTigerU(キングタイガー)並みの強力さ(主砲火力、装甲防護力(最大装甲厚200mm級))と言われるが、側面のシルエット(大きさ)だけを見てもIS3はとても小さく、それゆえ軽量であり(IS-3:46ton、TigerU:70ton)、機動性も良好であった(IS-3:40km/h-0.76kg/cm2、TigerU:37km/h-1.02kg/cm2)。
 
ドイツのソ連侵攻の際、T-34とともに、当時のドイツ戦車では撃破が難しかった重装甲KV-1重戦車の改良型で、IS-1への橋渡し的存在となったKV-85。主砲は85mm砲であった(左)。右はさらに進化してIS-3の前級となり、戦争終盤で活躍した122mm砲を塔載したIS-2(右)。
1945年5月、第2次世界大戦最後のベルリン攻防戦におけるIS-2後期生産型。左奥はブランデンブルク門。
  T-10重戦車 (ソビエト)
 1945年9月の第2次世界大戦戦勝パレードで初めて公式に確認されたJS-3重戦車に続き、ソ連においてその後も新型重戦車の開発は続き、JS(IS)-8相当の試作車T-10となって装備化された。スターリン死後のスターリン批判から、IS(JS)でなく、T-10とされ、T-10Mはその改良最多生産型である。砲塔正面などは250mmもの装甲厚となり、出現当時、本車を遠距離から撃破し、かつ本車の122mm砲に耐える戦車は殆どなく、アメリカのM103、イギリスのコンカラーなどの60ton級、120mm砲装備の重戦車を出現させた。けれど本車は約50tonと比較的軽量であり、最高速度は42km/hで、それら西側の戦車に比べ総合的に優れていた。1962年の終了までに約8,000両が生産された。徹甲弾の貫徹力が激増し、対する複合装甲が主流、必須となり、たとえ250mmの装甲厚でも単純圧延鋼鈑では効果は薄くなるなどあって、ソ連にて、そして世界でも最後の量産重戦車となった。
要目  全重約52ton、全長10.56m/車体長7.25m×全幅3.38m×高さ2.66m。最大速度50km/水冷ディーゼル750馬力、行動距離約250km。武装:主砲122mm46.3口径、14.5mm機銃×2。装甲:砲塔最厚部(前面)203mm、車体前面120mm。乗員4名。生産数約1,539両。
完成形となるT-10Mの前型T-10B。この段階で砲安定装置が備えられたが、IS-3の段階から対抗して開発されたM103(米)、コンカラー(英)の備える射撃指揮装置(FCS)に比べると精度等の点で劣った。しかし、戦車としての基本的な造り、特に軽量・軽快な割に装甲が同レベルであった点で、IS-3、T-10シリーズが西側の重戦車に比べて劣ったことはなかった。
T-10、そしてソ連重戦車の完成形T-10M。主砲の型式が更新され、砲口制退器がそれまでの2段式から多孔式となった。また、副武装の12.7mm機銃も14.5mm機銃へと強化された。車重はIS-3の46tonから52tonへと少ない増大であるが、ソ連、そしてその後のロシア戦車全体とも50ton程度(以下)の車重が殆んどで、実用型戦車に60tonに達するものはない。装甲を充実させて車重が増大し、機関出力を増すとさらに大型化して…といった悪循環を断つには、車重50ton辺りが最適と考えていたのかもしれない。
T-10M。1968年の「プラハの春」(チェコ侵攻)の際とされる。前級IS-3に比べ、車体長が増大していて転輪が1つ増えて7つとなった。砲塔は、餅のような柔らかいものを落して自然変形させたような避弾経始に優れたものであり、その十分な厚みと相まって、防護性に優れた。しかし内部は狭そうで乗車居住性は悪そうである。
  T-34 (ソビエト)
 出現当時(1940)としては強力な76mm砲を備え、優れた被弾径始による強力な装甲、そして軽量・高機動性とバランスの取れた優れた戦車である。ドイツはこの戦車の出現に驚き、これを凌駕するためパンター(パンテル)を開発、投入した。後に85mm砲を搭載したT-34/85に移行、ファミリー車両(自走砲等)を合わせると、1950年代後半の生産終了迄に10万両近くが量産され、現在でも残存し一部現役で使われている。ベースとなったのはアメリカのクリスティー戦車(後述下記)であったのは皮肉である。履帯まで似ている。各種改良型が作られた。
T-34 1942年型。代表的な型である(上下写真とも)。後述の1940年型に比べ、主砲が41.5口径の76.2mm砲に強化され、装甲も砲塔前面等が若干増厚され、最大厚は65mmとなった。車重28.5ton、全長6.68m×全幅3.0m×2.45m、最大速度約55km/h、乗員4名。原型生産開始1940年。
T-34/85 1944年初頭から生産され、余裕があったT-34/76の車体に85mm砲塔を載せて強化改造したものである。T-34/76は出現当時、ドイツのV号戦車、W号戦車等に対等以上で戦うことができた。しかし、その後のX号パンターやY号ティーガーとは少なくとも正面からは戦えなかったが、本型により距離次第では正面戦闘も可能となった。1945年末頃迄に6万両以上(アメリカのM4より多いとされる)が、そして1950年代後半の生産終了迄に、自走砲などのファミリー車両用車体も含めると10万両に近い台数が生産された。さすがに2020年の今、稼働中のT-34/85が存在するかは不明であるが、第2次世界大戦終結後50年以上も現役に合った戦車である。外見からはT-34/76のようにバランスが取れた軽快感はないが、往時の85mm砲の強力さもあり、最高の名戦車と言えよう。
車重32ton、全長8.15m(車体長6.10m)×全幅3.00m×全高2.72m。最大速度55km/h、航続距離360km、機関 水冷ディーゼル500馬力。主砲85mm54.6口径、7.62mm機関銃×2。装甲:車体最大厚45mm、砲塔前面最大厚90mm。乗員5名。
1940年9月に完成された1940年型。当時、敵国ドイツはV号戦車、W号戦車の時期であり、本車T-34/76の76.2mm砲はそれらドイツ戦車の正面装甲を貫徹し、逆にまだ37mmや50mmと小口径であり、あるいは榴弾砲のように単砲身であったドイツ戦車の主砲では本車正面装甲を貫徹できないことも多く、精鋭ドイツ戦闘部隊を混乱させた。
 
左は第1次世界大戦中にアメリカのクリスティー(John Walter Christie)が試作した「クリスティー戦車」とも言われた車両。コイルばねの圧縮式機構とトレーリングアームを組合わせたストロークの大きい懸架機構(トーションバーに比べて、さらに初期の戦車に比べれば格段に大きい)と、装甲外板を傾斜させ、薄めの板厚でも十分な耐弾力を得られるようにした車体・砲塔構造を特長とした。さらに大速力を得るために大出力エンジンを積み、(一部)転輪も駆動化されていて履帯を外せば緩い不整地ではさらに100km/hに近い高速走行ができた。しかし、アメリカ陸軍からは冷ややかに見られ、ドイツからの技術導入などの申し入れはクリスティーが嫌い、結局ソ連で認められ、採用されて、T-34戦車にも適用されて花開いた。左写真は1930年のT3E1型。
右写真はソ連においてクリスティーの技術が開花された、T-34戦車の前身のBT-7。対独戦初頭、またノモンハン事件にも投入されたが軽装甲なため被害は大きかった。装甲としては、軽戦車の範疇であったが、装軌最大速度52km/hに対し、上述の路上装輪走行では72km/hが発揮できた。
車重13.8ton、全長5.56m×全幅2.29m×全高2.42m。最大速度:装軌状態52km/h、装輪状態72km/h、航続距離350km、機関 水冷ガソリン450馬力。主砲45mm、機銃7.62mm×2。装甲:砲塔最大厚15mm、車体最大厚20mm。乗員3名。総生産数:6千両弱。生産期間1937〜1940年。

  パンター (ドイツ)
 上記のT-34が出現し、3号戦車、4号戦車では容易には破壊できないことを悟ったドイツ陸軍がティーガー1とは別にT-34を撃破できるようにと開発した戦車。T-34を殆どそのままコピーするなどというある意味では屈辱的な案もあったそうである。
 最終的に写真のようにまとまったが、被弾径始を取り入れ車重はティーガー1に比べ軽いが防御性能は同レベルである。また、長砲身70口径の高初速75mm砲は強力でこれもまたティーガー1の56口径88mm砲に匹敵した。
 D型、A型、G型とあるが装甲厚などの外見上は見えない部分が若干違う以外の主砲などは皆同じである。
写真は量産中期のA型。
 左下はオランダのオーバールーンに現存するパンターG型。初期型は懸架、トランスミッションなどの複雑さもあって、稼働率は低かったが、それでも全型合わせて総計で約6,000両が生産された。3号突撃砲、4号戦車に次ぐドイツの主力級戦闘車両であった。
 なお、本戦車は、英語読みで「パンサー」、ドイツ語読み系で「パンター」「パンテル」と言われている。
パンターF型 (ドイツ)
 G型に続き生産予定であったタイプ(D、A、G、Fの順で、アルファベット順ではない)。小型化、装甲強化された砲塔はステレオ式測距器を備え、さらに生産車では世界に先駆けて揺動安定装置(スタビライザ)付きのペリスコープ式照準器を搭載する計画であった。
さらにパンター2として、装甲を強化し、転輪などをティーガー2のものと共通化した車体に、ティーガー2の主砲と同じ88mm71口径砲を積んだこのF型砲塔を載せたものが開発中であった。

  試作超重戦車 MAUS




1943年8月に開発が始まった全備重量188tonに達するドイツの超重戦車。主砲には左写真の128mm55口径砲が予定されたが、後に38口径150mm砲とそれに同軸の36口径75mm砲とに変更された。それらを載せる砲塔は最大装甲厚240mmもあり、パンテル1両より重い50tonにも達した。ところが本車はポルシェティーゲルでも命取りになった電気駆動方式(大型客船や車両では操縦性の点から20世紀初頭頃から既に見受けられたが)を採用したため、車体の殆どを動力装置が占めているにもかかわらず速度は20km/h、そして接地圧は1.4kgf/cm2とあって機動性は低かった。マウスという名は皮肉のようでもある。機動する戦車というより、強力な移動対戦車トーチカと呼ぶに相応しいかもしれない。結局実用にはなりえず、1944年に開発は中止された。左端の2枚は128mm砲装備で試験中のもの、右上はダミー砲塔を載せての走行試験中。懸架はストロークが短く、建設機械のようで、戦車の走行用のイメージとは程遠く見える。右下は、ソ連に鹵獲され、現在ロシアのクビンカ博物館にあるMAUS。


  試作超重戦車 E-100
機種を整理し、生産性向上を配慮した6種の戦車によるEシリーズ計画の中で最大で、最も試作が先行したもの。全般にティーゲル2に似た機構を有し、前面装甲厚240mm、側面でも200mmもある50tonに達する砲塔に150mm主砲と75mm副砲を搭載し、MAUSと同様な砲塔である。全重は約140ton。結局戦局の悪化はこのような戦車の開発を許さず、他のEシリーズ戦車とともに中止された。左上は台車に載ったE-100の未完の車体部、左下はサイドスカートを外したE-100の完成予定図、右下上は車体後面部、右最下は幅約1mの履帯(ジープと比べると大きいのが分かる)。

日本の対戦車戦闘用戦車
  三式中戦車
1944年5月から開発され、一式中戦車(九七式中戦車の後期車体に装甲を追加増厚したもの:車体前面装甲厚50mm)を車体ベースとし、前面装甲厚50mmの砲塔に75mm38口径砲(初速680m/s)を搭載し、車重約19ton。1944年12月から終戦にかけて166両が完成したが、外地に送る手段も崩壊していて、本土決戦用に温存されたまま終戦を迎えた。
上4枚は、土浦の武器学校に保管されている三式中戦車。走行等は全くできない。内部も公開されていない。右の2枚は、車体尾部上部の隙間から機関室側内部を撮影したもの。V型12気筒空冷ディーゼルエンジンのシリンダヘッド部(下右)と、その出力を減速増力して、後部(上右写真の手前側)にあるはずのトランスミッション部にシャフトにより伝える伝達装置(上右)が写っている。
要目
車重:約19ton、全長:5.7m×全幅2.33m×全高約2.6m。機関:4サイクルV型12気筒空冷ディーゼル240馬力、最高速度約39km/h。装甲厚:砲塔前面50mm、砲塔側面前側35mm、側面後側25mm、車体前面50mm、車体側面25mm、後面20mm、車体底面8mm。乗員5名。 (下4枚:2010/9撮影)
4式中戦車
  四式中戦車
車体、砲塔の前面装甲厚は75mmとなり、高初速75mm56口径砲(初速850m/s)を搭載しアメリカのM4などに匹敵する攻防力を得た。車重30tonに400馬力の空冷ディーゼルエンジンを搭載し最高速度も45km/hと良好であった。1944年末に生産可能となったが、2両ないし6両が完成したに過ぎなかった。
  五式中戦車
車重は37tonとなる。主砲としては88mm高射砲を搭載する計画もあったため大型化したが、結局四式中戦車と同じ4式75mm戦車砲を備え、車体前面に37mm戦車砲を副砲として備えた。装甲厚は四式とほぼ同じで前面などの最高厚は75mm。日本戦車では初めて砲塔バスケットを備える等、欧米に迫るレベルのものとなったが、これも試作中に終戦を迎え、実戦には寄与しなかった。

  98式軽戦車 ケニB
95式軽戦車の後継として開発され、機動性に優れた軽快な戦車であることが要求された。開発は1938年に開始され、翌39年に試作車が完成した。
試作車は日野自動車のケニAと三菱重工業のケニBが作られた。写真はケニBで、大きな転輪のクリスティー懸架を採用し、いかにも軽快な感じで格好が良い。予定では37mm砲を備える予定であった。また適度な避弾経始も導入している。装甲は最大厚16mm程度であった。しかし、残念ながらケニBは量産採用されず、ケニAが100両強作られたに留まった。

  列車砲 28cmK5(E)
1940年には8門が実用化され、1945年の終戦時には25門が製造されたという最も多く作られた大口径列車砲。28cmの砲弾を76口径という長口径砲身で255kgの榴弾を最大62.4kmも飛ばす破天荒な列車砲である(最左、中左の2枚)。右の図はペーネミュンデ矢弾(PPG)と呼ばれるもので、細長い弾体に矢羽根が付き、弾体中央にはガスシーリング分離式サボが装着され、28cmK5(E)の射程を大きく伸ばそうとするもの。今日の戦車砲弾APFSDSのようなもので、28cm砲身を有翼弾に適した31cm滑腔砲身に削りこみ、弾体直径12cm、全長2mの弾を超装薬で発射すると初速は当時は驚異的で現在戦車砲並みの1,700m/sで、150kmを飛んだ。
2門が実戦化され、ボンにいた米軍が砲撃され大混乱したという。

  列車砲 'ドーラ'
火砲製造技術を誇ったドイツの史上最大の80cm砲。車両重量1,350ton。砲身だけで400ton、3分割でこの巨砲を作戦に参加させるためには列車砲の形を取ることとなった。2両が作られ写真の1号車の完成は1941年。砲身長は40.6口径。最大射程は47.6km。徹甲弾は7.1ton、榴弾は4.8ton、装薬2tonと破壊力は圧倒的である。レールは4条(8本)が敷かれる。セバストポリ要塞攻撃では48発のうち1発が地下30mの弾薬庫を爆破したという。

  THEL(Tactical High Energy Laser)
アメリカとイスラエルによる共同開発としてミサイル等の迎撃システムとして開発が始まった。大気圏内での減衰が少ない波長3.8μmの中赤外フッ化重水素レーザー投光機を高応答速制御のジンバルに備えたタレットと、索敵、照準レーダー、サブレーザーシステム、発電機等からなる(下写真、下画)。5kmの範囲で100%近い撃墜率を目指している。2000年以降、カチューシャロケット、砲弾(口径は不明)、そして複数発射された迫撃砲弾を破壊・撃墜した。瞬時に落とすのではなく、数秒程度の照射を続けて破壊しているようであり、精密・高応答なトラッキング照準能力も重要となる。実際には戦術的に移動できることも必要で、MTHEL(Mobile-THEL)の開発も進められており、目標はTHELをセミトレーラー3台でシステム一単位を移動できることとされている。また、航空機に高出力エネルギーレーザーを搭載したAirborne Laserも開発されており、実証機が試験を行っている。

  MBT70(Kpz.70)
はかなく消えた、出現当時画期的な先端技術開発戦車。1970年代以降の主力戦車をアメリカと西ドイツで共通化しようと開発された。通常弾、シレイラ対戦車ミサイルをともに発射可能な152mm砲、当時として先進の主砲自動装填装置、油気圧懸架、リモコン式20mm機関銃、そして現在主流の1,500馬力級エンジンなどを備え、現在のMBTの要素技術を40年以上も前に先取りしていた。しかし、アメリカが主砲をシレイラミサイルに、ドイツが120mm滑腔砲にと譲らず、さらにアメリカ担当のエンジンの開発が不調で、ドイツが自国エンジンに置き換えたなどあって、共通化の意味が薄れて行った。また、開発費、量産価格が想定より大きく高騰し、残念ながら計画は中止された。なお、後に主流となる強力な複合装甲材の実用化前であり、旧式のスペースドアーマー式であって、本車が実用化されても、大改修を求められたであろう。


操縦手も砲塔内にいて、砲塔が旋回しても、操縦手は駆動座で車体前方を向いた。その妥当性については色々是非があった。
当時は先進装甲は無かったが、スペースドアーマーは採用されていた。


砲塔上部には、砲塔内からリモコン操作できる対空兼用20mm機関銃の銃身が見える。リモコン機銃は日本の74式戦車試作でも試されたが、視野の悪さ等もあり、実用例は皆無である。

  10式戦車
 写真の量産型は2011年度末に配備された。全長(砲身込み)9.42m×全幅3.24m×全高2.3m。写真を手前から見て、砲塔上面右には砲手照準用サイト、左には車長視察用サイトが配されている。通信機能も充実していてC4I(Command Control Communication Computer & Intelligence)のIT機能が大幅強化されている。
 先代の90式戦車も、少なくとも攻・防・走の各代表性能値などの点で優れていた。しかし、その車重約50tonという値が、日本の橋や道路等インフラが欧州などほど頑強でないため、通過上の制約となるとされた。そのため、90式戦車は、ほぼ北海道、そして本州でも富士演習場辺りに限って配備されている(心許ない実状である)。
本10式戦車は、モジュール装甲の利点を活かして、車重を40〜44ton程度にできる(モジュール装甲は、着脱可能である)。従って、本州内の広い範囲(駐屯地や演習場以外の一般屋外にあっても)で運用できるようになった。一方、計画装備数の減少などから、多くは九州、そして北海道地区に装備されつつであり、遠隔地点などでは、後述の16式機動戦闘車と分担して運用されて行くようである。
 但し、ドイツのレオパルド2の新型やアメリカのM1等が、第2次大戦中の重戦車にも迫る60tonを優に超える車重となっていて、それら重量級の戦車(重戦車)と、45ton弱の本10式戦車(中戦車級?)がどういう戦い方をするのかについて、興味深く思う。ただ、戦車は50ton程度以下であるべきと説いているように思えるロシア(旧ソ連)では、過去から、量産された名車はほぼ、本10式戦車や90式戦車の50tonを越えていない。その辺から推し量ってみて、性能バランス上、そして、日本国土内での運用面からも、本10式戦車はとても適切な戦車なのであろう。

  74式戦車
 1974年に正式化。斜め前から見たところが格好いい。105mm51口径旋条砲を備え、懸架には姿勢制御(左右、前後の上下可能)ができる油気圧懸架を備える。砲塔は被弾径始に優れ、砲スタビライザも付いており、行進間射撃もできる。生産数も多く、最終的に本車は873量が調達されたという。
 本戦車の存在を知り、そして、その外観等にとても惹かれた結果(何と言っても、憧れのJS-3重戦車譲りの避弾径始がよく効いた鋳造曲面砲塔にである)、Tompeiの最強の趣味の対象は、だいぶ昔に、今や存在せず往時(第2次大戦時)もまったく役立たずに終わった「戦艦」から、「戦車」に移ってしまった。結果、しばらく「戦車が最高!」とさせられてしまった戦車。当時、十分名戦車であった。

  軽戦車
左上はアメリカのM8AGS(Armored Gun System)。自動装填装置のついた105mm主砲を備え、パワーパック後部引き出し、アルミ合金車体で、増加装甲を最大限に装着すると、約23.6tonとなり、最高35mm弾から防護できる、などの特徴を有する。増加装甲なしの写真の状態(約18ton)では空中投下が可能。優れた性能から米陸軍に正式化されたが、予算不足で発注はキャンセルされてしまった。
右上はアメリカのスティングレイ。105mm主砲を備える。米国では採用されなかったが、タイに100両が納入された。
左中はM551シェリダン。ベトナム戦争にも投入された。全備重量17ton。車体やエンジンにはアルミ合金が合金が多用され、主砲にはHEAT弾、シレイラ対戦車ミサイルを発射できるガンランチャーを備える。空中投下、浮航が可能。
右中はスゥエーデンのCV90120。ベースはCV9040歩兵戦闘車であるが、その車体に何と120mm滑腔砲(マズルブレーキ付きの低圧砲)を搭載して敵MBTを撃破できる。車重は約25ton。
左下はオーストリア・スペイン共同開発の歩兵戦闘車Ascodに南アフリカRooikatの105mm砲塔を搭載したASCOD105
右下はフランスが戦後初めて開発した軽戦車AMX-13。ユニークな揺動砲塔に自動装填装置を備えた44口径105mm砲を備える、17ton、7,700両が生産された。
軽戦車は装甲が薄いことに対し評価は分かれるが、2次戦中などのものとは異なり火力はMBTに迫り、戦略的高機動による緊急展開能力が高く、有効な戦力となるであろう。

  装輪戦車
装輪車両に90〜105mmクラスの砲(ライフル砲が多くマズルブレーキ付きが殆ど)を搭載する「装輪戦車」と言える車両の開発、売り込みが盛んである。戦車開発を行える主要国の多くで、開発・製造されている。
世界的には20ton弱から30ton弱のもので、舗装路走行(ある程度の不整地も可能)により高速移動し、空輸も現実的で、緊急展開性に優れる。装甲防護は最強のものでも正面で20mm弾に耐えられるレベルであり、心許ないが、105mm級主砲はMBTの撃破も可能である。
路上最高速度は100km/hレベルで、高速道路がたくさん作られる、そして狭い国土で初動作戦が重要な日本には向いている。
左上3枚は16式機動戦闘車(16MCV)。2016年度より装備が始まり、105mm砲を備える(52口径の国産ライフル砲で、74式戦車の主砲とは異なる)。10式戦車とは異なった目的で、並行運用される。退役している74式戦車と同等以上の火力を備えつつ、路上では100km/h以上の高速、空路ではC-2輸送機による、10式戦車の常備域ではない地区への迅速な展開が可能となった。軽量で機動力優先なため、「高機動自走対戦車砲」として運用されるべきなのであろう。
重量:約26ton、全長:8.45m×全幅:2.98m×全高:2.87m、最高速度:100km/h以上、機関:4サイクル570馬力、乗員4名。主砲:52口径105mmライフル砲、機関銃:12.7mm×1、7.62mm×1



































上段左はLAV-600(アメリカ)の射撃。正面射では問題ないが、低反動砲とはいえ、側面射時には反動でかなり傾くそうで,、殆どの場合、マズルブレーキ(砲口制退器)を備えている。
上段右は、AMX-10RC(フランス)。15.8ton、105mm48口径ライフル砲を備えた6×6の装輪戦車。緊急展開、威力偵察用として湾岸戦争にも投入された。油気圧懸架を備え、車体姿勢制御が可能で不整地踏破性も優れるとされる。
下段は、南アフリカのRooikat。28tonの、比較的重量級で、52口径105mm砲を備え、正面部は23mm弾程度に耐えるとされる。
16式機動戦闘車 (上下3枚とも、富士総合火力演習2019予行)
 
 Centauro(チェンタウロ: イタリア)。イタリア陸軍に400両が配備されている。25ton、105mm52口径砲を備える。

 

MENU