名称 「とんぺい」は幼少の頃の愛称。とても気に入っています。母は友人から「お宅のジェラール・フィリップはどうしてる?」なんて言われていたそうな(笑)。でも、今はそんなに可愛く(カッコよく)ありません。そんなとんぺいの素顔はここ
活動 メカオタクです。代表的な、そして公表可能な創作物を「Tompeiのモノづくり」にアップしました。 それ以外で最大のものは急傾斜地など屋外不整地を油圧駆動で歩行し登坂するロボットや、車輪と脚をミックスした油圧駆動ロボット等、そして、クローラ式ローバー等の数々のロボットです。しかし今やそんな制御に頼る比重の少ないロボットは時代遅れっぽいですが…。
今も公私にロボットに関わっています。「技術的」なことがやれれば嬉しいです。幼稚園以前から「理工系」でした(笑)。ただ、最近、若い頃の理工系一辺倒だったことへの反動か、文科系、芸術系なものに強く惹かれるようになりました。
ポリシ− ・ Creativeであること
・ Simple is Best
・ 型にはまらない
血液型 O型 Rh+   あまり血液型性格判断は信じませんが、回りからは典型的だ、と言われます。
趣味 旅行  海外では特にヨーロッパ圏に行きたいです。ドイツ、オーストリアが好きです。ドイツ圏には公私ともで4回行きました。中でもザルツカンマーグートの湖水地帯(映画:サウンド・オブ・ミュージックの舞台)が良かったです。アウトバーンでBMWで265km/hで走ったのは忘れられません(若気の至り)。ミュンヘンウィーンも素晴らしいです。イタリアや、イスタンブールにも是非行きたいです。
因みに学生時代は海外には全く興味が無く、「卒業旅行」など行きませんでした。就職して初の海外出張があった時も、英会話は殆どやっていませんでしたから憂鬱でした。最初に降り立った海外はロンドンでした。
国内は、全都道府県制覇しています。九州、特に阿蘇〜九重高原が好きです。鎌倉散策もいいです。北鎌倉駅周辺を周って、建長寺の奥の半僧坊に登って海が見えると感激です。沖縄そして特に北海道がよかったです。
癒やされたい時は法師温泉によく行きました。あと、寂れた感じがする観音崎が落ち着いていて好きです。
高層建築物に登って景色を眺めるのが好きで、新宿高層ビル街が好きです。けれど、建物自体の魅力も含めて考えれば、エンパイアステートビルケルン大聖堂に登ったのが最高でした。
映画  特にお気に入りの作
Star Wars (epi4 & epi6)   
世界観と映像感覚が秀逸だし話も明快でいい!アカデミー作品賞等が何故もらえない?
ブレードランナー   これも世界観、映像観が秀逸。強くも悲しい悪役?の最後はかっこ良すぎ!何度観たことか。
ニューシネマパラダイス   ラストと音楽が秀逸.。主人公の楽しくも切ない幼少期。それが上手くラストへつながり号泣?
ガタカ   低予算だが脚本がしっかりした秀作。ラストの脇役との遣り取りに癒された。よく、スポコンと言われるが確かに。
ハイランダー  
 とにかくカッコいい!主人公が持つある悲しさも上手く描かれ、敵役、脇役もカッコイイ。但し続編はダメ。
第3の男
   皆が言うオーソン・ウェルズの主題曲が流れる中での登場場面が最高!今では当り前の演出もとても良い。
コンタクト  
 ジョディ・フォスターが良く、凝ったメカや謎の支援者の出現、そして題名の実現。演出、原作が秀逸で感動。
12monkeys   ラストが秀逸。美しい女優のスクリーンでのドアップに感動。マイナーなカルト映画だが、妙にハマった。
ロボコップ(初版)   記憶構造からくる悲哀を上手く描いている。残酷シーンがマイナスだが、納得行く爽快なラストは最高!
レイダース・失われたアーク   
痛快冒険活劇。格好いいハリソン・フォードのインディとマリアンの掛合・恋愛演出が素敵。
モダンタイムス   
嫌味がない現代にも通じる風刺が痛快。チャップリンの踊りでの歌、そしてラストの'Smile'と歌曲もいい。
リアル・スティール  
拾ったロボットのある機能で復活して行く主人公、励まし役の息子との絆。最後は明快で超感動だった。
ロボット  ロボットも「役に立つもの」がもっと世に出て欲しいです(工場等でのいわゆる産業用ロボットは既に上手く行っていますが)。そういうものを追求しています。現時点では達成できていませんが…
どういうものが好きかは「世界のロボット」をご覧ください。自律モノを少しだけやっていた頃、人間の頭脳、知覚比べ、コンピュータ、センサがあまりに非力なことを痛感し、それを解決するために、元々興味があった医学書、脳、精神関係の書物、論文を読み漁りました。更にはあまりにすばらしい人間、動物というものの完成は「2001年宇宙の旅」のモノリスのような、超生命体?神的な何か?が関わらなくてはあり得ないのではないか?などと思うにも至りました。それについては、納得できる合理的な回答は一生得られないと思っています。
最近は、災害救助、荷役作業などに役立つパワードスーツの調査・研究を続けています。そして、2012年秋に私費で開発を始め、2013年11月の「国際ロボット展2013」についに、夢だった、Tompei自ら設計のパワードスーツ
POWDERを出展・デモし、盛況を博しました。  
軍事メカ  戦争そのものではなく、高度な技術を惜しみなく投入するメカに興味ありです。戦艦、戦闘車両が好きです。「とんぺいのお気に入り」にもあるような究極の重機械戦艦大和そして大艦隊計画八八艦隊などにとても興味を持っています。観艦式陸上自衛隊-総火演もいいです。戦車も第2次大戦のものの方が雰囲気的に好きです。避弾経始が活きた時代の戦車(74式戦車やソ連JS-3)の方に洗練さを感じてしまいます。「とんぺいのメカセレクション」をご覧下さればどんなものが好きかお分かり頂けるでしょう。
イラスト  SFメカや軍艦、戦車イラストを描きまくっていました。中学〜高校生時代は漫画家、イラストレータ志望。珍しいボールペン画を得意としていました。職場でもロボットやらの構想書(公表できなくて残念ですが)をよく描いてアピールしていました。
歴史  旅行とからめて。ローマ、ドイツ、ハプスブルグや日本の戦国時代などに特に興味ありです。武田信玄が上洛する時、途中で死ぬことなく織田信長と対決していたらどうなっていたであろうか、と信玄の死を残念がっています。
国宝級の城は全て行きました。建築物が好きなので姫路城に行けば1日飽きもせずにいられます。松本城や曲輪を含めてこじんまりとまとまった彦根城も好きです。あと、安土城天守閣復元が行われることを心から望みます。ついでに「大和タワー」(戦艦大和の艦橋を実大再現した展望台)を記念艦三笠の横に!
写真  この「とんぺいの機械博物館」では、1万枚以上の写真をアップしていますが、殆どとんぺいの撮影によるものです。写真撮影は大好きです。写真展に入選したことも何度かあります。カメラという光学機械をいじること自体も好きです。マルチコーティングレンズのきれいな反射には芸術美を感じます。
読書  そんなに読む方ではありません。そんな中で何度も読んだのは、「アルジャーノンに花束を」(ダニエル・キイス)(映画版はイマイチです)、「坂の上の雲」(司馬遼太郎)、「ハイダウェイ」(D・R・クーンツ)(これも映画より本の方がいいです)、「鉄道員」(浅田次郎)(映画の健さんいいですね)、村上春樹のどちらかというとリアル系の小説・エッセイ。
音楽  ジャズ(ルイ・アームストロング、デューク・エリントン、ビリー・ホリデイ等のオールデイズ)、レゲエ(UB40等)、映画サントラ(映画サントラにはいい曲がスゴく多いですね)、おもに荒井由美当時のユーミン、クラシック(ショパン等の静か系)。
食事  大好物は、スパゲッティミートソース(特に九段のホテル・グランドパレスの(最近は不明))、肉ピロシキ(特に昔あった東京タワー横「ボルガ」の)。「ハングリータイガー」の独自ソースをかけての粗挽きハンバーグ、そして、たまに食べると超美味しい吉野家の牛丼(「たまに」食べるのがいいです)。 ドイツ圏で多いウィナーシュニッツェル、グラシュ(スープ)等はあの辺に行けばいくら食べても飽きないでしょう。
女優他  かなり昔ですが、田中美佐子さん(「禁断の果実」(1994)とか)、桜井幸子さん(「高校教師」(1993)、「未成年」(1995)とか)(今はみなさん、出てこられなくなりました。悲しいです)。映画「ドライヴ」(2012)のキャリー・マリガン、「プロメテウス」(2012)のシャーリーズ・セロン。あと、韓国映画「箪笥」(2004)で注目でしたイム・スジョン。その生意気そうでいて、可愛いくもきれいなところがよかったです。
欲しい
もの
例えば、鎌倉の由比ヶ浜の近くに、縁側のある和洋折衷の邸宅(明治〜昭和時代の名士らの別荘みたいな)を建てて住みたいです。そこには、ロボットの設計、製作ができる工房があって、アメリカ製を凌駕するパワードスーツを開発します。リビングには100インチを超える大画面モニタがあって、時々「スターウォーズ」など、上記のお気に入り映画を観ていたりします。結局は、そういう「全くの夢の夢」を実現するためのお金ですか。どれも夢幻…
尊敬する
人物
織田信長(尊敬というよりスゴい!)。一方、俗化しているように言われる武田信玄も大好きです。また、「坂の上の雲」で描かれているような傑出した人々にも敬意を払います。「どうして、あの大切な時期に、ああも幸運に、国を思い、創った人々が現れたのか?」不思議でさえあります。
本HP
製作
ツール
HomePageBuilder 7(今でもあえて旧版を使っています)
Photoshop 7.0(今でもあえて旧版を使っています)
縮小専用(これは実に重宝)

とんぺい(Tompei)のプロフィール
HOME
HOME