HOME
名称 とんぺいTompei」は幼少の頃の愛称。とても気に入っています。母は友人から「お宅のジェラール・フィリップはどうしているの?」なんて言われていたそうです(笑)。そんなとんぺいの素顔はここ
活動  メカオタクです。昔の、公開可能な創作物の一部を「Tompeiのモノづくり」にアップしました。
 東京工業大学(当時の第4類(機械系)に入学)に通いました。しかし、元々勉強は好きではなく、いじって創ることが好き(アカデミックというより職人・芸術者的理論より直感)でしたから、学部
(4年)で卒業してすぐ就職しました。あくまで、メカ・制御に関わることを、実践的に行えることを目指して。
 就職してしばらくすると、大量生産の自動化やそれらの新方式を開発していました。後に、屋外急傾斜不整地を歩行する油圧駆動式大型のもの等様々なロボットの開発を主導しました(一般公開できなくて残念ですが)。今はロボットには無縁ですが、新技術に携わることができれば嬉しいです。
 幼稚園頃から理工系一辺倒だったと言えますが、反動(後悔?)から、芸術系、文科系的なものにも惹かれるようになりました。
ポリシ−
Policy
Creativeであること
Simple is Best
・ 型にはまらない
血液型 O型 Rh+   血液型性格判断はあまり信じませんが、周りから、わりと合っていると言われます。
趣味 旅行  海外では、ドイツ圏が好きで、ドイツ、オーストリアは、公私ともいろいろ周りました。中でもハルシュタット(すいていた頃)を含むザルツカンマーグートの湖水地帯が良かったです。アウトバーンをBMWでover250km/hで走ったことは忘れられません。趣きのある大都市:ミュンヘンウィーンも好きです。スイスの自然と山岳鉄道が素晴らしかったです。未踏のイタリア、トルコにも行きたいです。
 国内は、全都道府県を周りました。北海道沖縄、そして九州、特に阿蘇〜九重周辺が昔から好きで、何度も行きました。鎌倉もよいところで、北鎌倉駅周辺を周って、建長寺の半僧坊から海を望むことができると、いつも感激です。
 癒やされたい時は、北東北の秘湯(乳頭温泉・鶴の湯(秋田)などの長時間つかっていられるぬるめ(必須)の温泉)、法師温泉(群馬)などのひなびた温泉がよいです。
 高所恐怖症気味ですが、高層建築物から景色を眺めるのは好きで、新宿高層ビル街にはよく行きました。建物自体の魅力も考えれば、エンパイアステートビルケルン大聖堂がよかったです。
映画〔特にお気に入りの10作品〕
・ Star Wars (epi4〜6)  
独創的な世界観と映像感が秀逸。夢多く爽快!キャラは魅力的。Lucasの世界観に惚れ込みました。
・ ブレードランナー  寂しくも愛を渇望する人々、圧倒的な映像で描く世界観が最高。悲しい敵役?ロイの最後はカッコ良すぎ!
・ ニューシネマパラダイス  ラストと音楽が秀逸.。主人公の楽しくも切ない幼少期。それが上手くラストへつながり泣ける。
・ ハイランダー  
B級的だけれど、カッコいい!主人公が持つ宿命的悲しさも上手く描かれ、映像や脇役もイイ。Queenの楽曲も最高!
・ コンタクト   ジョディ・フォスターが素敵。凝ったメカや謎の支援者出現が色を添え、「題名」の実現、原作も最高で感動です。
・ シンドラーのリスト  重い実話人間ドラマでも、その分ラストの感動は圧巻。冒頭のシンドラーの工作開始の過程がとてもいい!
・ 12monkeys  
ラストが大好き。美しい女優のスクリーンでのドアップに感動。カルト作ですが、筋は明快で妙に惹かれたSF。
・ ロボコップ
(初版)  記憶構造からくる人間的悲哀をうまく描いている。残酷シーンがマイナスでも、超爽快なラストは最高!
・ モダンタイムス  
嫌味がなくコミカルで、現代にも通じる風刺が痛快。チャップリンの踊りの歌、ラストの'Smile'と歌曲も素敵。
・ リアル・スティール  
あるロボットの機能で復活して行く主人公、励まし役の息子との絆。ラストは明るく明快で感動的でした。
ロボットなど  ロボットについては、世界のロボット[その/その/A.I./戦闘ロボ]もご覧ください。Tompeiの興味あるもの満載です。
 ロボットは、複合応用技術であって、もっと「役に立つ」「使える」ことが求められるべきです(産業用は上手く行っていると思います)。
 意見はいろいろですが、結局、「楽しい」「面白い」だけの研究開発は、(サービス)ロボットにおいては、長らく有益なものを産まず(元来、要素技術的な、物理学、化学、医学等とは違います)、近年、A.I.等に期待・活躍の場が奪われてしまったことは明らかで、その悪因です(A.I.も現状、未知数ですが)。
 ただし、自身もいろいろ追求してきましたが、できていないのが実状です…。
 制御系を開発していた頃、人間の頭脳、知覚と比べ、コンピュータ、センサがあまりに非力なことを知り、医学、脳、精神関係の書物、論文を広く読みました。あまりにすばらしい生物の完成は、例えば「2001年宇宙の旅」のモノリスのような、超生命体?霊的な何か?が関わらなくてはあり得ないのか?などと思うこともありました。
 また、映画「エイリアン2」
(1986)を観て以来、頭から離れない、パワードスーツの調査・研究を行ってきました。そして、2012年秋に私費開発を始め、2013年秋の「国際ロボット展」(於東京ビッグサイト)で、夢だったパワードスーツPOWDER’を出展・デモし、盛況を博しました。その後、公務において、高い障害踏破能力を発揮するローバータイプロボットなどを着想、開発しました(2014〜)
 今は、上述の背景もあって、あくまで私的にですが、人工知能関連の研究開発をしたいと思うようになりました。それゆえか、自身のことさえ考える意識がどうして存在するのか?という、難しいことを、上述の超生命体などへの思索にもつなげて思うようになりました。
 ただ、子供の頃からの強い関心事は重機械であって、ロボット的なものへの傾注は、昔の高価なラジコンを自作するという電子工作目的から始まっています。そんな学生時代には、母校「ロボット技術研究会」の創始者としても活動しました。
ミリタリメカ  高度な技術を惜しみなく投入するハイテクメカに惹かれます。究極の重機械戦艦大和八八艦隊、そして事実上の決戦兵器:航空母艦など。観艦式陸上自衛隊演習に行けばいつも感激です。重厚な戦車にも惹かれますが、最近は、逆に軽量化が重要な航空機(2次戦中/戦後)や、それらのエンジンがマイ・ブームで、本ホームページの関連コンテンツも大増強しました。
イラスト  高校生迄は、SFメカや軍艦、戦車イラストをよく描いて、漫画家、イラストレーターを志望したこともあります。珍しいボールペン画(中間トーンが出しやすいのです)を得意としました。職場でもロボットの構想書、イメージスケッチを多く描きました(仕事用なので公表できなくて残念です)。 ロボットや色々な機械の構想・設計には、いわゆるポンチ絵程度でも、絵心がとても大切です。
歴史  ローマ、ハプスブルグ、日本の戦国時代に興味がありました。武田信玄が上洛途中で亡くなることなく、織田信長と対決していたらといったことに、よく思いを馳せました。
 実在天守の城には殆ど(国宝は全て)行きました。雄大な姫路城松本城、こじんまりとした彦根城犬山城も好きです。安土城天守閣が復元されたら最高ですし、震災により広く損傷した熊本城の早期復旧も祈っています。また、戦艦大和の実大模型(セット)が改め長期設置されたら嬉しいです。記念艦「三笠」を観るのも好きです。
写真  「とんぺいの機械博物館」では、殆どとんぺい撮影の約1万枚の写真を掲載しています。写真展にも幾度か入選しました。光学機器自体も好きで、コーティングレンズの綺麗な反射には美を感じ、照準器のような光学ファインダに憧れて一眼レフに熱中しました。最近はミラーレス機も欲しくなってきました。
好きなところ 浅草寺北鎌倉(よきデートコース)、母校東京工業大学(大学はどこも自由でいいなあ、と懐かしい)
読書  「鉄道員」(浅田次郎-ココロ洗われる。映画の健さんもいい!)、 「1Q84」/「東京奇譚集」/「村上朝日堂」 ほか(村上春樹)、「五分後の世界」(村上龍)、「なぜ、ナチスは原爆製造に失敗したか」(トマス・パワーズ)、最近では「月の満ち欠け」(佐藤正午)。
音楽  映画サントラ(素敵な曲の宝庫!)、ジャズ(ルイ・アームストロング、ビリー・ホリデイ(+レスター・ヤング)等のオールデイズ)、最近では、"SEKAINO OWARI"、おもに"荒井由実"時代のユーミン。そして、クラシックならショパンなどの静か系
食事  スパゲッティミートソース(特に、むかしの九段「グランドパレス」の)、肉ピロシキ(東京タワー横の今はなき「ボルガ」の)。「ハングリータイガー」の独自ソースが美味しい粗挽きハンバーグ。ドイツ圏に多いウィナーシュニッツェル、グラシュ(スープ)等は飽きないです。
女優  浜辺美波さん。キャリー・マリガン(映画「Never Let Me Go」(2010)、「Drive」(2012))、 シャーリーズ・セロン(映画「Prometheus」(2012) ツンデレ?)も素敵です。だいぶ前では、田中美佐子さん、桜井幸子さん(ドラマ 高校教師(1993)ほか)。
欲しい
もの
例えば、鎌倉に、縁側のある和洋折衷の邸宅(明治〜昭和期の名士の別荘のような)を。工房があって、パワードスーツなどを開発します。居間には100インチを超える大画面モニタがあって、お気に入りの映画を観ます。そういう夢を実現するための時間とお金ですか…
スゴいと
思う人
織田信長、武田信玄。また「坂の上の雲」で描かれる人物(児玉源太郎、東郷平八郎…)や、それ以前の幕末維新話で描かれる傑出した人々に敬意を払います。「どうして、あの大切な時期に、国を思い、創る気概に溢れた人々が現れたのか?」は奇跡です。
HP製作
ツール
・ HomePageBuilder 7 (2002発売品。今でもそれで十分です)  /  Photoshop 7.0 (これも2002発売。同じくそんな旧版で十分)
・ 縮小専用。
(今でも重宝しています)
HOME
とんぺい(Tompei)のプロフィール